大聖歡喜天宗 夜郎自大院 北斗法蓮

【夜郎自大(やろうじだい)】とは井の中の蛙と似意。かつて神も仏も信じず私利私欲の為、栄耀栄華を酔生夢死に生きた私の半生。稀有なるえにし賜れし大聖歓喜天。この神こそ私に続く罪人、悪人をも救い給い、以って善人を救う唯一の神なり。智慧なき愚人は己が愚人とも気付かぬ故に愚人の願いは果てなく愚願なれど、それすら直ちに成就せしめつつ尊き道へ導かんはこの天尊だけのご誓願なり。

タグ:関東寺院

【少林山達磨寺(黄檗宗おうばくしゅう)】   七草大祭だるま市や、焚き上げ供養<どんどん焼き>などで、他県でも知らない人は居ないほど有名な「少林山」の早朝座禅会に初参加してきた。(詳細は記事後半にて)高崎や群馬県内では、達磨寺とは呼ばず「少林山(さん)」と ...

目黒大園寺に三面大黒天さんを、見つけた。 ここは、目黒駅から目黒雅叙園に向かう行者坂を下った左側。 実は去年、ピアノの先生に誘われて、雅叙園で開かれた 先生のお花の師匠である、華道家の假屋崎省吾の個展に行った際、 たまたまお寺があったので、お参りしたことがあ ...

このページのトップヘ