大聖歡喜天宗 夜郎自大院 北斗法蓮

【夜郎自大(やろうじだい)】とは井の中の蛙と似意。かつて神も仏も信じず私利私欲の為、栄耀栄華を酔生夢死に生きた私の半生。稀有なるえにし賜れし大聖歓喜天。この神こそ私に続く罪人、悪人をも救い給い、以って善人を救う唯一の神なり。智慧なき愚人は己が愚人とも気付かぬ故に愚人の願いは果てなく愚願なれど、それすら直ちに成就せしめつつ尊き道へ導かんはこの天尊だけのご誓願なり。

タグ:都内寺院

皆さん。こんにちわ。 本日もご訪問、有難う御座います。この度のえにしに感謝致します。 観音経和訳もお陰さまを持ちまして、前回で一旦終えることが出来ました。ひとえに平素から皆さまの格別なご高配の賜物と、深く感謝致します。高橋司さん、早速のコメント頂戴しま ...

 浅草・待乳山聖天さまへ参詣するとき、いつも東京メトロ銀座線の一番前に乗車し、改札を出たらそのまま浅草松坂屋の中を抜け、江戸通りを一直線に最短距離で向かっている。 松坂屋を出たところで一服していると、信号の向こう側に隅田公園が見える。この日は趣を変えて ...

↑このページのトップヘ