大聖歡喜天宗 夜郎自大院 北斗法蓮

【夜郎自大(やろうじだい)】とは井の中の蛙と似意。かつて神も仏も信じず私利私欲の為、栄耀栄華を酔生夢死に生きた私の半生。稀有なるえにし賜れし大聖歓喜天。この神こそ私に続く罪人、悪人をも救い給い、以って善人を救う唯一の神なり。智慧なき愚人は己が愚人とも気付かぬ故に愚人の願いは果てなく愚願なれど、それすら直ちに成就せしめつつ尊き道へ導かんはこの天尊だけのご誓願なり。俗世を生き抜く大学 聖天綜芸種智院へようこそおいでやす。

タグ:聖天様のご利益

皆さん、こんにちわ。北斗法蓮です。 本日のお題目は、その題目の通りであります。 経に曰く、、【聖天講莚 第二段】 『一十一面の聖容(しょうよう)を現じ、三十三身の妙體(みょうたい)を示す。』と、申されておるように、仏様、観音様は人間界のあらゆる瞬間、あらゆ ...

忙しくするのは構わない。それをこなせる能力が備わっているのも構わない。だが、ときとして敢えて《なにもしない》と云う、選択ができるのも贅沢な幸せである。その選択によって、仕事が遅れる心配もない、収入が減る懸念もない、資産が目減りすることにそわそわすること ...

↑このページのトップヘ