大聖歡喜天宗 夜郎自大院 北斗法蓮

【夜郎自大(やろうじだい)】とは井の中の蛙と似意。かつて神も仏も信じず私利私欲の為、栄耀栄華を酔生夢死に生きた私の半生。稀有なるえにし賜れし大聖歓喜天。この神こそ私に続く罪人、悪人をも救い給い、以って善人を救う唯一の神なり。智慧なき愚人は己が愚人とも気付かぬ故に愚人の願いは果てなく愚願なれど、それすら直ちに成就せしめつつ尊き道へ導かんはこの天尊だけのご誓願なり。俗世を生き抜く大学 聖天綜芸種智院へようこそおいでやす。

タグ:祝詞・大祓

普段はもっと短い、《禊(みそぎ)大祓(おおはらえ)》 即ち、皆さんが最もご存知の、いわゆる天津祝詞(あまつのりと)を読んどりますが、大晦日と本来は六月の末の年に二回は、この大祓詞(おおはらえのことば)を唱和してみるのも一行でんな。 無論、正月に限らず普 ...

はい、皆さん。お早う御座います。 今朝も張り切ってお仕事行っとくんなはれや。 男は仕事してナンボでっさかいね。 ほんでオマエは何やっとんねん?主夫ちゃうんかい? はー、そうでっけど確かに。今は外で仕事せんと、専業主夫してま。 そやけど私にとって主夫は ...

はい、皆さん。お早う御座います。 一昨日ですが満月でしたね。キレイなお月さん見れましたか? 私は晩刻に、タバコ買いに外出たときに丁度能う観れて、 そんときに家の前の道路でしたけど、夜空を見上げてご挨拶して。 ほんで立ち止まって、空を観たままいつものよ ...

今回は神前にて毎朝唱えている、祓詞(はらえことば)をご紹介しませう。 唱えていただくとすぐお分かりのように、下記の祝詞(のりと)は よくある『祓詞・身滌大祓(はらえことば・みそぎのおおはらい)』と 比較して二箇所、言葉が多くなっている。 これは、妙義山 ...

 前回の巡礼の旅、(京都チャリンコ巡礼編)で、伏見稲荷を参拝したときの稿にも書いたが、あの時点では勉強不足だったものの、身体でふと観じた「お大師さんも稲荷山に修行に来たんやろうな〜」とか、『伏見稲荷と東寺=稲荷信仰と密教』の関わりは、想像上の話しではなく ...

 はい、京都冬の旅(チャリンコ編)とうとう最終日です。 たった四日間のブログ書くのに、何日かかってねん!? っちゅう、突っ込みは、この際ご勘弁下さい(笑。 なにかと近頃、忙しぶってるので時間がのうてすんまへーん。 京都に来てから三日間、見事な晴天が続いてチ ...

12*00出発 13*19着 太山寺の鐘は、突くのではなく、引くタイプ。珍しいし、この方が強く鳴りすぎなくて良い。 優しく叩けとか、加減しろとか、寺によっては書かれている。 大抵は無料だが、浄財箱は一応、置いてある。心付けだけ入れれば良いのでは。 ついでなのと、ネタを ...

↑このページのトップヘ