大聖歡喜天宗 夜郎自大院 北斗法蓮

【夜郎自大(やろうじだい)】とは井の中の蛙と似意。かつて神も仏も信じず私利私欲の為、栄耀栄華を酔生夢死に生きた私の半生。稀有なるえにし賜れし大聖歓喜天。この神こそ私に続く罪人、悪人をも救い給い、以って善人を救う唯一の神なり。智慧なき愚人は己が愚人とも気付かぬ故に愚人の願いは果てなく愚願なれど、それすら直ちに成就せしめつつ尊き道へ導かんはこの天尊だけのご誓願なり。俗世を生き抜く大学 聖天綜芸種智院へようこそおいでやす。

タグ:番外札所

13*32 番外霊場 明徳寺(東洋大師)に立ち寄った。 今日は長期移動で、あまり余裕はないが、通り道から少々入る程度に思えたのと、別格20番大瀧寺で一番最初に会った歩き遍路に、住職が面白いから寄ってみろと言われていた。 だが、途中でコースを外し迷いそうになった。 ...

10*11出発 泰山寺を出た所の、茶店で好きな甘酒が売ってたが我慢した。 今日はまだ、気温が低い。挨拶を返してくれるお婆さんは大抵、「よう〜お参りやした」と言ってくれる。片手合掌してお礼を言う。 男性は年齢に関係なく、大抵は「ご苦労様です」と言う。 勝手に歩かせ ...

↑このページのトップヘ