大聖歡喜天宗 夜郎自大院 北斗法蓮

【夜郎自大(やろうじだい)】とは井の中の蛙と似意。かつて神も仏も信じず私利私欲の為、栄耀栄華を酔生夢死に生きた私の半生。稀有なるえにし賜れし大聖歓喜天。この神こそ私に続く罪人、悪人をも救い給い、以って善人を救う唯一の神なり。智慧なき愚人は己が愚人とも気付かぬ故に愚人の願いは果てなく愚願なれど、それすら直ちに成就せしめつつ尊き道へ導かんはこの天尊だけのご誓願なり。俗世を生き抜く大学 聖天綜芸種智院へようこそおいでやす。

タグ:歓喜天(聖天)

南無帰命頂禮大悲尊 (なーむ きみょうぉ ちょぉうらい) 大自在大聖大悲大仁慈歓喜雙身天神王 (だいじだい だいしょうだいひー だいじんじ かんぎーそうしんてんしんのう・・・・) ・・・の誓わせ給う言(こと)の葉を 告(もう)すも 畏(かしこ)き事なれど 聊 ...

本年六度目、今年最後の断食行。先ほど行を解き満行致しました。御蔭さまで体力気力共に充実しております。 昨年はご承知の方もいらっしゃいますように、経営する居酒屋が最も忙しくなる、12月20日前後を挟むように、体力の限界に挑戦しましたが、それがたたってか年末年始 ...

第四段 『第四(だいし)に利益の無辺なるを仰ぐとは。魔界仏界の色相(しきそう)なり。時に随って顕現し、此土他土(しどたど)の遊行物(ゆうぎょうもの)に依って自在なり。』 『普現色身随類(ふげんしきしんずいるい)の形聲(ぎょうしょう)を十界(じっかい)に示し ...

よく比較される、或いは混同される仏の慈悲と神の愛。 似ている部分もあれど、実は本質的に全く異なるものです。 元旦に公表しました、方針演説。 あの稿で公益事業について書きましたが、公益事業の定義のひとつに"不特定多数のための利益"とあります。 例えば、 家族を大 ...

先月、吉野山聖天の記事#650の続き。 櫻本坊で出会った岩手の僧侶。 今回は、彼と話した聖天行者や寺院運営について少々。 浴油祈祷には、不純物のない清浄な油を要する。 そこへ諸々の香を混ぜてフツフツと炊き、香りだった油をお聖天さまのお像へと酌で注ぐ。 当然 ...

愚かなるものたちへ 汝。愚かものこそ、この尊天を拝むがよい。 人よりも先んじたいのなら、尊天を拝むがよい。 世に名を挙げたいのなら、この尊天を拝むがよい。 己(おの)が正に凡夫の窮みである 愚かもののと悟れたのなら、この尊天を拝むがよい。 己が人生を、今の ...

さて、Twitterでお知らせしましたように、九月晦日より吉野山に籠り、大峯山護持院のひとつ、櫻本坊における吉野聖天尊大祭に参列してまいりました。 そもそも、聖天像は秘仏とする寺院が九割以上。そして浴油祈祷自体、厳修される寺院が減少している中で、なんと!この ...

◆五体投地 はい、そのままの勢いで五体投地に入ります。 健常者はなるべく五体投地しましょう。無論、足のご自由な方は坐したままで結構ですし、足腰の具合が良くないときは無理する必要はありません。特に勤行を終えて、つまり一時間以上正座したあとの五体投地はかなりキ ...

前稿では、大日如来を観想し宣誓と淨化を致しました。いよいよご本尊、尊天上様(大聖歡喜天)を観想していきましょう。ここからは、千遍真言を終盤クライマックスとして勤行を終えるまで終始、大聖歡喜天を観想し続けます。 聖天勤行は長丁場です。 お供えから始めて既にこ ...

前稿(ぜんこう)の続きです。 群馬人には、前稿が前橋(まえばし)に見えるかもですね。 そう思う私も、すっかり立派な群馬人なのでしょうか。でも、、(ボチボチもぉええやろ、、)そう思い始めた今日この頃です。 さて、前稿の"五恩への感謝"を終えると、五体投地の前に ...

フツー、人に会うにも「こんにちわ。」「お早う御座います。」「お元気でしたか?」と、たいがい挨拶する。日々朝晩、神仏と合い対する時もそれは全く同じこと。本日は大聖歡喜天宗の勤行次第の中で、冒頭の挨拶から五体投地までをご紹介致しましょう 我がご本尊は、宗名の ...

来る、三月十二日と十三日に 妻沼聖天において、浴油万日講が御座います。 ◎三月十二日(土曜日)五座 九時、十時半、十二時、一時半、三時 ◎三月十三日(日曜日)三座 九時半、十一時、二時 ◎場所: 妻沼聖天山 歓喜院 本坊(*本殿とは違います) ◎講金 三千 ...

大聖歡喜尊天和讃 (だいしょうかんぎそんでんわさん) 一、 帰命敬禮大自在 大聖歓喜雙身天 (きみょうちょうらい だいしょうかんぎそうじんてん) 摂取不捨(せっしゅふしゃ)の本誓(みちかい)に 慈悲の御手(おんて)を 垂れ給い  至らぬ智慧(ちえ)を 楫(かじ ...

はい皆さん、こんにちわ。 北斗法蓮です。毎度おおきに。 今朝の我が家の庭。 この後、みるみる雪が解けてピーカン照りになりました。 今年の群馬南部は雪、これだけで終わりそうです。 さて今回は、取子さんにご縁賜りました 五宝寺(新義真言宗)群馬県館林市 に行っ ...

南無帰命頂禮大悲尊 (なーむきみょうちょうらい) 大聖大悲歓喜雙身天王 (だいしょうだいひーかんぎーそうしんてんのう....) ...の誓わせ給う言(こと)の葉を 告(もう)すも畏(かしこ)き事なれど 聊(いささ)か此(ここ)に教化(きょうげ)して 衆生(しゅじょう) ...

皆さん周知の如く、私は愚か者であります。 四十歳の頃、ふと生き方と世の中に疑問を感じ、そのまま神仏に導かれ芦屋の知己、テルさんのお陰で聖天さまと稀有なるご縁を賜り、その先に己の生きる道を見つけ今に至ります。 徐々に・・徐々にでは御座いますが、この五年間と云 ...

先日、立て続けにゴールド免許が疵付いた。 運転中の携帯電話と、スピード違反。 これ以前はいつ検挙されたか忘れたほど 久しぶりに交通違反切符を切られた。 当然か?半年ほど前までは専業主夫だった私は 今のように車を毎日長時間乗ることもなかった。 フツーはこう思 ...

『そもそも歓喜尊天とは、諸神諸仏の父母一切衆生の根源にして、一礼一敬もその功徳の力、計り知ること我ら愚かなる者たち能(あた)わずとは。仏の金言、諸神諸仏の捨て給う我らの愚願すらも、一心に信ずる者はただちに成就せしめるは、この尊天上様だけの奇しき御力、誠稀 ...

皆さん、ご無沙汰しております。 北斗法蓮です。お元気でしたでしょうか? 随分と秋も深まり、冷え込む日も増えて参りましたね。 既に、ツィッターでもお伝えしましたように、去る11月1日、妻沼聖天さまの朝参りに参列してきました。本日はその日の模様などを書きたいと ...

妻沼聖天(歓喜院)のご本殿には、御厨子に聖天像が納められて おりますが、行者さまが毎日浴油祈祷を厳修されるのは、本院です。 本院と本殿は、地図を見れば分かるように 道路を挟んで150mほど離れた場所に位置しております。 (文末にリンクがあります。) 妻沼聖 ...

↑このページのトップヘ