大聖歡喜天宗 夜郎自大院 北斗法蓮

【夜郎自大(やろうじだい)】とは井の中の蛙と似意。かつて神も仏も信じず私利私欲の為、栄耀栄華を酔生夢死に生きた私の半生。稀有なるえにし賜れし大聖歓喜天。この神こそ私に続く罪人、悪人をも救い給い、以って善人を救う唯一の神なり。智慧なき愚人は己が愚人とも気付かぬ故に愚人の願いは果てなく愚願なれど、それすら直ちに成就せしめつつ尊き道へ導かんはこの天尊だけのご誓願なり。

タグ:巡礼作法・勤行法則

はい、皆さん。お早う御座います。 今朝も張り切ってお仕事行っとくんなはれや。 男は仕事してナンボでっさかいね。 ほんでオマエは何やっとんねん?主夫ちゃうんかい? はー、そうでっけど確かに。今は外で仕事せんと、専業主夫してま。 そやけど私にとって主夫は ...

はい、皆さん。お早う御座います。 一昨日ですが満月でしたね。キレイなお月さん見れましたか? 私は晩刻に、タバコ買いに外出たときに丁度能う観れて、 そんときに家の前の道路でしたけど、夜空を見上げてご挨拶して。 ほんで立ち止まって、空を観たままいつものよ ...

今回は神前にて毎朝唱えている、祓詞(はらえことば)をご紹介しませう。 唱えていただくとすぐお分かりのように、下記の祝詞(のりと)は よくある『祓詞・身滌大祓(はらえことば・みそぎのおおはらい)』と 比較して二箇所、言葉が多くなっている。 これは、妙義山 ...

 義理の両親を連れ立っての、我が家では初めての大家族旅行から帰宅。懸念していた高齢者の仲間入りを果たしているお二人の体力も、三日間を通じて至って元気で過ごして下さり何よりだった。両親が健康であること。これは何にも変えがたき、有り難いことである。普段は三千 ...

 今日は、もっと皆さんに密教に親しみを感じていただくため、初心者向きの内容です。芦屋の知己殿のような、ベテラン遍路のヘビーな読者さまには申し訳ありませんが、趣旨をご理解下さいまし(笑。    印・印相・印契(ムドラー)とは、バラモン教をルーツとする、仏 ...

 歩き遍路における、お約束事集。昨日の続きをいってみよう。 【十善戒】 この身今生より 未来際をつくすまで、十善のみおしえを守りたてまつらん  弟子某甲(でじむこう) 尽未来際(じんみらいさい)  不殺生(ふせっしょう)・・・むやみに生き物を傷つけない  不 ...

 歩き遍路において、お大師さんとお約束事があるのをご存知だろうか。 自分は、四国遍路に旅立つまで知らなかった。それ以前に、関東八十八ヶ所と秩父三十四観音を巡っているにも関わらず・・だ。 やはり、そのどちらも車遍路だったせいで、こういった遍路本来の姿(歩き遍 ...

12*00出発 13*19着 太山寺の鐘は、突くのではなく、引くタイプ。珍しいし、この方が強く鳴りすぎなくて良い。 優しく叩けとか、加減しろとか、寺によっては書かれている。 大抵は無料だが、浄財箱は一応、置いてある。心付けだけ入れれば良いのでは。 ついでなのと、ネタを ...

今日、初めて人様の家の仏壇の前に座り 般若心経を唱え、ご先祖さまをご供養しました。 そこは、今まで幾度となく訪れている妻の実家でした。 私から、「お仏壇に手を合わさせてもらえますか?」とお願いしました。 そういえば、今まで妻の実家へ尋ねてもただの一度すら、 ...

このページのトップヘ