大聖歡喜天宗 夜郎自大院 北斗法蓮

【夜郎自大(やろうじだい)】とは井の中の蛙と似意。かつて神も仏も信じず私利私欲の為、栄耀栄華を酔生夢死に生きた私の半生。稀有なるえにし賜れし大聖歓喜天。この神こそ私に続く罪人、悪人をも救い給い、以って善人を救う唯一の神なり。智慧なき愚人は己が愚人とも気付かぬ故に愚人の願いは果てなく愚願なれど、それすら直ちに成就せしめつつ尊き道へ導かんはこの天尊だけのご誓願なり。

タグ:勤行次第

先ず、ご挨拶  *原則各々自由に *まずは目覚めの感謝を述べること。あなたも私も、明くる朝に目覚める確証など誰一人ないと知るべし。と共に当日の予定を告げ、留意すべき点などへの配慮をお願いしても良し。 例)『大尊天上様、お早う御座います。本日も五体満足に生き ...

第四段 『第四(だいし)に利益の無辺なるを仰ぐとは。魔界仏界の色相(しきそう)なり。時に随って顕現し、此土他土(しどたど)の遊行物(ゆうぎょうもの)に依って自在なり。』 『普現色身随類(ふげんしきしんずいるい)の形聲(ぎょうしょう)を十界(じっかい)に ...

第二段 『第二に垂跡(すいじゃく)の化導(けどう)を讃ずとは。男天(なんてん)は即ち、大自在天の所変なり。天上天下(てんじょうてんが)の魔軍を退けて、今世後世(こんせこうせ)の利益を施す。女天(にょてん)はこれ、観自在尊の応化なり。』 『十一面(いちじゅう ...

原典:聖天講式 興教大師覚鑁上人御作 先ず、惣禮(そうらい) *晩行に続けて読誦する場合は、略可。晩行其の参を参照。 *原典はあまりに古い漢字や言い回しが多い為、ある程度現代風に直してあります。それでも非常に難解です。ただ、初めは意味に囚われず、分かる部分 ...

前稿続きです。 前橋ではありませんw。 十、発菩提心真言(ほつぼだいしん) 『白浄(びゃくじょう)の信心を発(おこ)して 無上の菩提を求む。願わくは自他もろともに仏の道を悟りて 生死(しょうじ)の海を渡り すみやかに解脱の彼岸に到らん。』 『おん ぼうち し ...

*極力、古い文字は使わず読みやすいようにしてあります。 *晩行の特徴は、儀式次第のいちいちを和訳にしてあることです。これを日々読誦しておれば自ずと意味がそれぞれ理解できてゆき、嫌な仕事のようにやればいいと云うのでなく、決して事務的ではない心から安らぐ神仏と ...

◆五体投地 はい、そのままの勢いで五体投地に入ります。 健常者はなるべく五体投地しましょう。無論、足のご自由な方は坐したままで結構ですし、足腰の具合が良くないときは無理する必要はありません。特に勤行を終えて、つまり一時間以上正座したあとの五体投地はかなりキ ...

前稿では、大日如来を観想し宣誓と淨化を致しました。いよいよご本尊、尊天上様(大聖歡喜天)を観想していきましょう。ここからは、千遍真言を終盤クライマックスとして勤行を終えるまで終始、大聖歡喜天を観想し続けます。 聖天勤行は長丁場です。 お供えから始めて既にこ ...

前稿(ぜんこう)の続きです。 群馬人には、前稿が前橋(まえばし)に見えるかもですね。 そう思う私も、すっかり立派な群馬人なのでしょうか。でも、、(ボチボチもぉええやろ、、)そう思い始めた今日この頃です。 さて、前稿の"五恩への感謝"を終えると、五体投地の前に ...

フツー、人に会うにも「こんにちわ。」「お早う御座います。」「お元気でしたか?」と、たいがい挨拶する。日々朝晩、神仏と合い対する時もそれは全く同じこと。本日は大聖歡喜天宗の勤行次第の中で、冒頭の挨拶から五体投地までをご紹介致しましょう 我がご本尊は、宗名の ...

今朝、 いつものように勤行のため 天堂の前に平伏し、聖天さまを仰ぎ見れば 壁に文字が顕れました。 《己の生きる道、志事に励め・・》と。 丁度、画像向かって右側 梵字で書された守護神であられる 三宝荒神さまの御真言の右横、宝印軸との間壁です。 ...

はい、皆さん。お早う御座います。 今朝も張り切ってお仕事行っとくんなはれや。 男は仕事してナンボでっさかいね。 ほんでオマエは何やっとんねん?主夫ちゃうんかい? はー、そうでっけど確かに。今は外で仕事せんと、専業主夫してま。 そやけど私にとって主夫は ...

はい、皆さん。お早う御座います。 一昨日ですが満月でしたね。キレイなお月さん見れましたか? 私は晩刻に、タバコ買いに外出たときに丁度能う観れて、 そんときに家の前の道路でしたけど、夜空を見上げてご挨拶して。 ほんで立ち止まって、空を観たままいつものよ ...

歩き遍路から一年を経た今、毎日朝晩の勤行作法を書き留めておこうと思う。 思えば去年歩き遍路に出る前は、お経も般若心経と大黒天神経(仏説摩訶迦羅大黒天神大福徳自在円満菩薩陀羅尼経)ぐらいしか読んでなかった。 今年三月に得度してから理趣経を読み始め、観音経 ...

画像は、『高野山真言宗壇信徒手帳』である。左が2008年版、右が来年2009年版。 中身は、4ページから14ページまでの、11ページ分を除けば全て同じ。 そのページには何が書いてあるかというと、2008年版が『真魚少年の苦悩と理想』大師の願い その一と題されている。2009年 ...

このページのトップヘ