大聖歡喜天宗 夜郎自大院 北斗法蓮

【夜郎自大(やろうじだい)】とは井の中の蛙と似意。かつて神も仏も信じず私利私欲の為、栄耀栄華を酔生夢死に生きた私の半生。稀有なるえにし賜れし大聖歓喜天。この神こそ私に続く罪人、悪人をも救い給い、以って善人を救う唯一の神なり。智慧なき愚人は己が愚人とも気付かぬ故に愚人の願いは果てなく愚願なれど、それすら直ちに成就せしめつつ尊き道へ導かんはこの天尊だけのご誓願なり。

タグ:三面大黒天

 昨夜行なった、大黒天一日千座行の補足になるが、『印』について具体的に述べていなかったので、今日はもう少しご紹介していこうと思ふ。  三面大黒天の印の結び方 云うまでもなく、三面大黒天は、『大黒天』『毘沙門天』『弁財天』の三神合体仏であるから、ご真言同様に ...

 早朝から、我が家での勤行を済ませ、7時52分の新幹線で東京へ向かう。 寝坊せずに何とか間に合った。9時20分には目黒駅に立って、いつもの行人坂を下り目黒大圓寺へ。既に本堂には甲子祭の参加者が集まりだしていた。 昨夜の大黒神社は、深夜という開始時間と雪の残る妙義 ...

 午後9時半に自宅を出て、妙義山頂上にある、『中之嶽大黒神社』へと車を逸らせた。11時半から執り行われる、甲子祭に行くためだ。60日に一度、おとずれる甲子の日は気が栄えるとも云われ、大黒天信仰にとってご利益が最大限に高まる重要な行事である。また、今年は子の年で ...

 先日、三面大黒天及び大黒天の、最も簡単な祈祷法(招福法)と大国天神経について触れたが、今日はもう一歩進んだ祈祷法をご紹介しよう。  三面大黒天から福を招き、ご利益を得る招福法には甲子祭など寺院で行われている、難しい修法も含めて幾つもあるが、ここでは特別 ...

 久しぶりにお写経をした。 四国遍路へ出て以来、実に二ヶ月ぶりか・・。大黒天神経は暗誦出来ないので、四国へ持参し毎日の勤行に使っていた。かなりボロボロになっていたので、新たに書き直した。丁度、15日は榊や酒、米・塩・花を交換する日だ。改めるのにも丁度良いと ...

 昨夜から混んでいた、花園神社。昼間行っても行列は同じだった。焦ることは無い、また帰りにでも寄ろう。ここは多くの企業や社員も参列に訪れる、新宿の総鎮守大赦。自分もかれこれ、新宿で15年も商売させて貰っているのに、元旦に詣でるのは初めてのこと。信仰心のあるな ...

 明け方に妻と大口論。うんざりして昼には新幹線に飛び乗り、東京へ向かった。 自宅まで呼んだ、いつも使っているタクシーが1月10日から禁煙化すると云う。オイオイ止めてくれや〜こんな地方都市でまで禁煙ブームに便乗するんは。以前は時間や快適さを金で買う物だと云う主 ...

仕事で東京へ出てきました。 東京といえば、英信寺の三面大黒天様に お会いしに行かねばなりません。 英信寺 〒 110-0004 東京都台東区下谷2-5-14 TEL03-3872-2356 仕事か、お参りか どっちがついでか、分かりませんが。 今回で二度目になる、英信寺。 初めてのときは、 ...

ふいに思い立ち、三度目の雨降山 大山寺で、二度目の男坂に挑戦してきました。 初挑戦のときは、息も絶え絶えで、カウンターを持参したものの、とても登山中の虚空蔵求聞持法は出来ませんでしたが、今回は心臓を爆発寸前までこらえさせて、唱え続けました。 しかし、タール ...

関東に少ないと云われる、三面大黒天さまに会いに行きました。 この日は、東京都内にある英信寺(東京都台東区下谷2-5-14 03-3872-2356)。 下谷というと、ご存知の方も沢山いらっしゃるでしょうね。 そう、「下谷七福神めぐり」の順路の一つです。歩いて廻れる距離と都内の ...

東国八十八遍路満願のお礼参りと、更なる祈願を お願い申し上げるため、ふたたび雨降山 大山寺へと参拝しました。 電話で事前に確認したところ、本堂へは今日も上がって参拝できるとのこと。 ご本尊である、不動明王の真裏にあった「三面大黒天」様に どうしても、もう一度 ...

過去、二度チャレンジして参拝のならなかった 難関?「関東60番礼所 雨降山 大山寺」にやっと参拝できました。 このお寺は山の山頂近くにあり、参拝には徒歩かケーブルカーで行くのですが、ケーブルカーの最終時間は5時まで。初めてのときは、到着が4時半を廻ってしまい ...

↑このページのトップヘ