大聖歡喜天宗 夜郎自大院 北斗法蓮

【夜郎自大(やろうじだい)】とは井の中の蛙と似意。かつて神も仏も信じず私利私欲の為、栄耀栄華を酔生夢死に生きた私の半生。稀有なるえにし賜れし大聖歓喜天。この神こそ私に続く罪人、悪人をも救い給い、以って善人を救う唯一の神なり。智慧なき愚人は己が愚人とも気付かぬ故に愚人の願いは果てなく愚願なれど、それすら直ちに成就せしめつつ尊き道へ導かんはこの天尊だけのご誓願なり。俗世を生き抜く大学 聖天綜芸種智院へようこそおいでやす。

タグ:マントラ(ご真言)

ご存知のように私は今、毎日三座の勤行を努めております。 私には聖天さまが中心佛ですから、すべての座において、 聖天さまのご真言を、それぞれ千遍ずつお唱えしております。 聖天さまのご真言っちゅうのは通常、 『おん・きり・ぎゃく・うん・そわか』で宜しいんで ...

冠省 皆さん。こんにちわ。 本日もご訪問、誠に有難う御座います。 この度のえにし(ご縁)に、心より感謝致します。 【謝辞】 去る平成21年6月24日、フタ・サン・ゴー・マルジ。新月の翌日、五月闇の空を仰ぎながら子の刻九つ前に無事、虚空蔵求聞持法マント ...

皆さん。こんにちわ。 本日もご訪問、誠に有難う御座います。 この度のえにし(ご縁)に、心より感謝致します。 すいません!夕方にアップ間に合いませんでした!ごめんなさい。 ん? 夕方『以降』って書いたから、イイんか? いやアカン! 約束は約束や。 言い訳するな! ...

皆さん。こんにちわ。 本日もご訪問、誠に有難う御座います。 この度のえにし(ご縁)に、心より感謝致します。 祝!虚空蔵求聞持法 百万遍達成!! これもひとえに、芦屋の知己ことテルさん始め、長きに渡りひたすら応援し続けて頂き、励まして下さった多くの方々のお ...

皆さん。こんにちわ。 本日もご訪問、誠に有難う御座います。 この度のえにし(ご縁)に、心より感謝致します。 今回は幾つかトピックスを。 【吉報!】 我らが聖天信徒のアイドル、略して聖ドル?なんじゃそりゃ?(笑 ・・の、音羽さんがついに般若心経1000 ...

 虚空蔵求聞持法もようやく九十万遍。いやぁ〜今回は長かった〜。 いつものようにデータは次の通りである。前回八十万遍が12月の13日。 それから116日。ただの偶然だが、前々回の七十万遍は8月19日から同じ116日目。 あら・・長かったように思えたので冒頭そう書いたが ...

今年もあっと云う間に残すところあとわずか。 温暖化の影響か今年は雪が降らず、どこのスキー場のゲレンデも、まるで草原のような原っぱがニュースで映し出されていた。 スキー場やペンションの経営者、スノーボードのインストラクターなど、みな商売上がったり。閑古鳥の ...

前回の七十万遍が8月の19日。あれから116日。 43歳の誕生日を前日に控え、何が何でも八十万遍まで突破すると決めた。 実は9月、10月とほとんど丸っきり一日、一遍も唱えなかった日が多かった。 言い訳を幾らしても、誰も関係ないし、自分も納得できない。やるしかないの ...

 また暫らくのご無沙汰になってしまった。 この10日間も皆さんにお伝えすべく、様々な変動や気付きと仏縁を得た。 ダイジェストすると、10日には知人の主宰する金融セミナーへ出向いた。彼はあの911テロのワールドトレードセンターの105階で、世界で6人しかい ...

 さて明けて六月四日。 二夜連続の大黒天一日千座行を控え、待乳山聖天での浴油祈祷も今日で四日目。今回初めて読んだお経である、「十一面観世音菩薩即得陀羅尼経」と「大聖歓喜天使咒法経」にも、朝晩気合入れて唱えているうちに段々慣れてきた。 とはいえ、まだまだス ...

 『光明真言』とは真言宗において最も良く唱えられているもので、二十三文字の梵字から成り最後の休止符、「ウン」を加えても二十四文字と非常に短いですが、立派な功徳のあるお経の一つで、漢文にも日本語にも訳されていないお経であり、大日如来の真言の一つです。 これ ...

滝修行最高! 〜修験道宗 三重院〜三泊目  ガランガラ〜ン・・・ 05:50 「ぎえっ!しまった!」  これは、住職が本堂へ入るときに入り口の鐘を鳴らす音である。 勤行は6時からだが、少々早かろうがお寺の勝手だ。早い話しが寝坊じゃあ〜本来、先に本堂へ行って勤 ...

 今日は、もっと皆さんに密教に親しみを感じていただくため、初心者向きの内容です。芦屋の知己殿のような、ベテラン遍路のヘビーな読者さまには申し訳ありませんが、趣旨をご理解下さいまし(笑。    印・印相・印契(ムドラー)とは、バラモン教をルーツとする、仏 ...

 今日は、愛娘の高校卒業式。 昨夜は、その娘の許婚(いいなずけ)の、ライブへ家族でエールを送りに行った。 親が近頃じゃ珍しく早起きして、バタバタと用意しぃのぉ、下したてのお召し織りと羽織を着て、新しい白足袋を履き準備万端整えて、後は娘を待つだけの体制でタバ ...

 〜マントラの続き〜  ううん、やはり巧くいかない。副住職から、「ここでは、修験宗で定められたご真言に従ってくれ」と釘を刺されたが、意識すればするほどフン詰まりになって、どもってしまう。このままじゃ夜明けまでに終わらない。 マントラは自意識から遠のいた瞬間 ...

 この日は宣言通り、寺暦650余年を誇る、本山修験宗 三重院における修行体験へと向かった。目からウロコの一言。修験道の由来は、平たく言えば「修行を体験する」だそうだ。正に納得、おっしゃる通り。 先に内容について、軽く触れておこう。 一泊二日から最長二十二日 ...

11*35昼メシ これもDVDや本で観た、善根宿の『お接待』で有名な「はしもとドライブイン」 香川以降、滅多に店内では昼メシを食わなかったが、ココだけはどうしても寄りたかった。もう〜スゴいのナンのって。一流ホテルのランチブッフエも、ぶっ飛ぶぐらいのボリュームと品数 ...

↑このページのトップヘ