人の身体は日々穢れてゆく。 人が人である限り、それは避けられない。心も亦然り。だから我々仏教徒は、聖天信徒は、日々の勤行による懺悔(さんげ)を怠らない。神仏の御力によって、常に心も洗い清めなければ、鍋や車のようにいつかは落ちきれない穢れとなってしまうからだ ...