大聖歡喜天宗 夜郎自大院 北斗法蓮

【夜郎自大(やろうじだい)】とは井の中の蛙と似意。かつて神も仏も信じず私利私欲の為、栄耀栄華を酔生夢死に生きた私の半生。稀有なるえにし賜れし大聖歓喜天。この神こそ私に続く罪人、悪人をも救い給い、以って善人を救う唯一の神なり。智慧なき愚人は己が愚人とも気付かぬ故に愚人の願いは果てなく愚願なれど、それすら直ちに成就せしめつつ尊き道へ導かんはこの天尊だけのご誓願なり。

カテゴリ: 神社参拝

 午後9時半に自宅を出て、妙義山頂上にある、『中之嶽大黒神社』へと車を逸らせた。11時半から執り行われる、甲子祭に行くためだ。60日に一度、おとずれる甲子の日は気が栄えるとも云われ、大黒天信仰にとってご利益が最大限に高まる重要な行事である。また、今年は子の年で ...

 今日も面白い経験をした。一生懸命書いてシェアするから、最後までチャンと読んでね。去る1月2日の記事、『目黒の三面大黒天〜目黒不動尊へ』で、院主さまとえにしを得た、埼玉県川越市大字下松原字辰見野464-2にある「日本三大薬師寺日向法華嶽薬師寺 別格本山 高天ヶ原 ...

 「新宿・花園神社」昨夜も混んでいたので、いよいよ都内を離れる今日になって、三が日を過ぎたら空いてると思いきや、ご覧の通り一番混んでる(笑。 特に、仕事始めの企業社員ら団体が目立った。  本当は、今朝一番ぐらいで帰るつもりだった。昨夜、義兄弟たちも大阪 ...

04*28起床 22*30前夜、床に着いてから、交互に足の痙攣に襲われ眠れなかった。 こうして、寺間の距離が長い地域では、人々の信仰心が薄れるのか、市街地のように挨拶しなくなる。 歩いてる方も、モチベーションが下がる。寺と寺の間こそ、本当の修行というが、全くその通り ...

処暑にあたるこの日、幾分か涼しく日差しも久しぶりに穏やか。再び雨降山 大山寺の男坂へ挑戦しようと思っていましたが、出発が昼近くになってしまい、予定変更して以前から参拝したかった、大宮氷川神社(武蔵一ノ宮 氷川神社)へ参りました。 〒330-0803 埼玉県さいたま ...

今日は、かの有名な「金運神社」と呼ばれる 富士吉田市の新屋山神社へお参りしてきました。 元々、毎月17日は訪れるようにしていましたが 先月はお参りが出来ず、二ヶ月ぶりの参拝となります。 毎月、1日と17日は定例祭で本殿に行けば無料で御祓いをしてくれます。 (無料 ...

 〜一言〜 トップページが重いので、こちらへ移動しました。書物ともひとつの出会いです。自分が読破した素晴らしい書の中から、是非ご自身に合った「えにし」の書を見つけて下さい。書に関してのご意見・ご感想もお持ちしております。 〜全て読破したおススメ密教・神 ...

このページのトップヘ