『光明真言』とは真言宗において最も良く唱えられているもので、二十三文字の梵字から成り最後の休止符、「ウン」を加えても二十四文字と非常に短いですが、立派な功徳のあるお経の一つで、漢文にも日本語にも訳されていないお経であり、大日如来の真言の一つです。
これを一心に唱えると、すべてのわざわいを取り除くことができるという、効果絶大強力なパワーのある真言です。それゆえ真言宗の中でも重要な真言なのです。
 以前ご紹介した映画「空海」で、満濃池を建造するシーンでも、弘法大師が護摩壇に坐し、鬼気迫る念を込めて一心不乱に唱えていたのは、この「光明真言」でしたね。

 遍路に行かれた方や真言在家信者の方なら、勤行次第に出てくるので常時唱えてはいるだろうと思いますが、光明真言は、単に次第に出てくるから唱える、ただ一節の真言という認識だけでは勿体無いくらいの功徳があるのです。そこまでご存知でしたか? 今日はそれを皆さんにシェアしましょう。「んなモン、とうに知っとるわい! なに云うとんねん今頃!」 はいはい、そーゆー方は、今日の記事は読まずにすっ飛ばして頂いて結構です(笑。


 「光明」とは?
仏教用語としての光明は、仏が発する光で、大乗仏典では智慧や慈悲の象徴として、瞑想中の全身から光明を放つ場面が描かれる。転じて「光明を得た」といえば比喩的に覚ったことを表すこともある。『倶舎論』によると自ら光を発するもの(太陽など)を光といい、その光を反射するもの(月など)を明という。
また、三省堂 デイリーコンサイス国語辞典によれば、こうみょう [光明](1) 明るい光. ‖ 明るい希望. (2) 仏や菩薩(ぼさつ)の体から放つ光 などとされています。


「光明真言の正式名」
正しくは「不空大灌頂光真言(ふくうだいかんぢょうこうしんごん)」と言い、もっとも短い言い方をすれば、「光言(こうごん)」とも言われます。そんなに縮めなくても、「光明真言」でちょうどいいと思いますが(笑。 この真言は、『不空羂索神変真言経』(菩提流志訳)または『不空羂索毘盧遮那仏大灌頂光真言』(不空訳)という、密教経典に説かれています。

「光明真言の功徳」
その『不空羂索毘盧遮那仏大灌頂光真言』によれば、「この真言を聞くこと二、三遍或いは七遍すれば、よく一切の罪障を滅する云々」と説かれています。光明真言の功徳が甚大である事は、古来から様々な説話に登場しながらうたわれており、現在も真言宗だけに限らず、天台宗や、四国八十八カ所霊場・西国三十三観音霊場など、様々なお遍路や巡礼場面でも盛んに唱えられています。
そうそう、高野山傳燈大阿闍梨の大栗道榮氏によれば、光明真言はすべての仏様に通用する云わば万能な真言であり、遍路の際にご本尊の真言が分からなかったり、ど忘れしたり、間違ったりしたときは、この「光明真言」を一発唱えれば、許されてしまうという。更にとても有り難いお経なので、ご先祖さまへ仏壇の前やお墓で唱えるとたいそう供養になるという。

光明真言がこれほど普及したのには、裏がある。鎌倉期初頭に活躍した栂尾明恵(みょうえ)上人と、やや時代が下る興正菩薩叡尊(えいそん)律師の活動に由るものという説がある。 我が国に末法思想が流行したことによって、法然の唱える浄土教の勢力が強くなっていった当時、浄土教は仏教のわくを大きく踏み外した、仏教と言い難いものになっていき、現代風に表現すれば、益々カルト教団化していく浄土教団の事態を危惧した明恵上人などは、浄土教の「南無阿弥陀仏」に対抗するものとして、普及させたのが光明真言だった。・・というらしい。

まぁハッキリ云って、そんな史実は今更どうでも良ろしい。信仰は信じることから始まり、何より自分自身と向き合うことが大切なのだから。とにかく、功徳やご利益があれば唱えてみるのがいい。静かに手を合わせ呼吸を整え神仏の前に坐すことだけでも、その瞬間は下らない悩みや心配事からは開放されてるのだから。騙されたと思って、まずは自分自身や家族のためにやってみましょうよ。

光明真言はその名の示すが如く、光の言霊である。宇宙そのものである大日如来のご真言(マントラ)自体に霊力が備わっている。真言とは総じてそういうもの。唱えているだけで、自分の内側から高次元の愛の光が波動になって溢れ出します。そして自分自身がお腹いっぱい? っていうと、おかしな例えですが、心が言霊によって満たされる、云わばプラスエネルギーが充満されると、光は自然に溢れ出して外へ向かいだすものです。

 そして今度は他人へ良いエネルギーを譲渡、プレゼントできるようになります。人の「気」や「エネルギー」は幸も不幸も光も影もみんな同じように伝染してゆきます。どうせなら、幸のエネルギーを伝染させてあげる光のウィルスになりませんか?
お大師さんの開かれた真言宗は、教相事相一体。教相で理論を学び、事相でそれを実践する。どちらに偏ってもダメです。真言も同じで、むしろ意味や構成を理解するよりも、自分の口で声を出して唱え、骨伝導によって自分の声が御仏の声となって、また自分に届くことが大事かも知れません。


『光明真言 読経(読誦)の仕方』
○試しに唱えてみるかな? そう思ったら唱えましょう。
○出来れば七遍(七回)唱えましょう。最低三回ね。
○出来れば、感謝の気持ちも添えて手を合わせましょう。
○出来れば、朝晩。出来れば毎日。唱えましょう。


○光明真言 全文と音声
「唵(おん)阿謨伽(あぼきゃ)尾盧左曩(べいろしゃのう)摩訶母捺囉(まかぼだら)麽抳(まに)鉢納麽(はんどま)入嚩攞(じんばら)鉢囉韈哆野(はらばりたや)吽(うん)」
リズムを聞きたい人は、こちら。 文字を見ながら唱えたい人には、PDFファイルをこちらからダウンロードして下さい。
*どちらも提供は、真言宗豊山派 金剛院さんのサイトです。


▼ここから下は読まなくても、功徳に関係ありません。

○光明真言 和訳
帰依したてまつる 諸願空しからず。総てを成就せしめ給う遍照尊、大日如来は仏も我も不二と認証する大印を押しわれらに宝珠(財宝)と蓮華(慈悲)と光明(智恵)を与えられた。われらは、この世を浄土に変成しこの身のまま、仏にならん。

○光明真言和讃
帰命頂礼大潅頂 光明真言功徳力 諸仏菩薩の光明を二十三字に蔵めたり
「おん」の一字を唱うれば、
三世の仏にことごとく、香華燈明飯食の供養の功徳具われり。
「あぼきゃ」と唱うる功力には、
諸仏諸菩薩もろともに、二世の求願をかなえしめ、衆生を救け給うなり。
「べいろしゃのう」と唱うれば、
唱うる我等が其のままに大日如来の御身にて、説法し給う姿なり。
「まかぼだら」の大印は、
生仏不二と印可して、一切衆生をことごとく、菩提の道にぞ入れ給う。
「まに」の宝珠の利益には、
此世をかけて未来まで福寿意の如くにて、大安楽の身とぞなる。
「はんどま」唱うるその人は、
いかなる罪も消滅し、華の台に招かれて心の蓮を開くなり。
「じんばら」唱うる光明に、
無明変じて明となり、数多の我等を摂取して、有縁の浄土に安き給う。
「はらばりたや」を唱うれば、
万の願望成就して、仏も我等も隔てなき神通自在の身を得べし。
「うん」字を唱うる功力には、
罪障深き、我々が造りし地獄も破られて、忽ち浄土と成りぬべし。

亡者のために呪を誦じて土砂をば、加持し回向せば、悪趣に迷う精霊も速得解脱と説きたまう。
真言醍醐の妙教は、余教超過の御法にて無辺の功徳具われり。
説くともいかで尽くすべき。

南無大師遍照尊
南無大師遍照尊
南無大師遍照尊