このクソ長い、タイトルは一体なんじゃい!?(笑
ハイ、ひょんなきっかけから、この度アメーバブログにもサイトを開設しました。
「ヒマやのぉ〜」いやいや、あんまヒマちゃうんやけど、まぁ訊いて下さいな。(笑

実はとある、ビジネス仲間?と、云うより知人・・まぁ何でもええけど、彼女のブログがたまたまアメーバブログだったんで、せっかくやし(キレイなコやし(ナンじゃそりゃ (笑)読者になってあげようと思いきや、アメーバに自分のブログがないと読者宣言出来なかった。彼女は、独特の雰囲気を持つ、とてもグローバルな国際派ビジネスウーマン、けっこう〜頑張ってるので良かったら応援してちょうだい。知ってる人もいるかな?『かおりんのブログ

いちおーアメーバブログを持っていなくても、記事が更新されたらメールが届くようにも、設定出来たので、始めはそうにしたんだが、ナンだかコッソリ読んでる根暗な隠れ読者のような気がして、性分に合わない。
 また、一から自己紹介を書いたり、各々のブログ設定をしたりと面倒だったが、どうせならチャンと作ろうと、チャッチャとやった。それに開設に至った、もう一つの切欠が、たまたまテンプレートに、高野山真言宗の宗紋がモチーフになっている物があって気に入った。 しかし、両方に日記は書けないので、あくまでメインブログはこちらで、アメブロは仏教用語などの解説や備忘録に利用しようと思う。良かったら覗いてちょうだい。姉妹ブログは、こちらね


〜ちょいと寄り道立話し〜
巡礼をしていて、各寺にある紋を良く見ると宗派によって、様々な紋があるのにお気付きだろう。中には愚憎のように、「なんで、この寺はあの紋を使っているのだろう・・」と、興味を抱いた方もいるのではなかろうか。

 ちなみに、高野山真言宗の場合は、桐紋と巴紋の二つ。
お寺の紋(寺紋・宗紋)は、その寺の関わりがある人物の紋と一致している場合が多い。桐の紋桐には鳳凰の意味があり、「瑞鳥鳳凰」が住むという。また桐紋は、皇室の紋でもあり、高野山金剛峯寺の場合、白河・鳥羽上皇や藤原道真、北条政子、豊臣秀吉など縁が深くあった故、桐の紋を賜ったとみられる。

 巴紋は神霊の印とされ、神社(神紋)や寺紋、家紋として使用されるようになってから、実に多くのバリエーションが存在する。代表的な巴紋は三つ巴だが、他にも一つ巴・二つ巴、それに対する右巴・左巴、丸・菊の中に巴、変わったものでは水巴・なめくじ巴・重ね巴・尾長巴・板倉巴・・などなど優に三百種類以上存在する。



 ついでだから、もうちょっと寄り道〜
お大師さんの真言宗は、長い歴史の中で画一統一派と分離独立派が、和解対立(分立)を繰り返し、日本の仏教宗派の中で最も多く分裂派生している。大きく分けるとお大師さん=弘法大師の直系的な「古義真言宗」と、真言宗中興の祖・覚鑁(かくばん)上人の教学を元とした、「新義真言宗」に分けられる。更にそこから多種多様に分裂派生し、現在では主要な門派が18に大別され、「真言宗十八本山(ほんざん)」と呼ばれている。つまり、総本山だけでも十八もあるのだ!

▼おまけ
真言宗十八本山の総本山のすべて
【古義真言宗系】
金剛峯寺 高野山真言宗総本山
東寺(教王護国寺) 東寺真言宗総本山
善通寺 真言宗善通寺派総本山
随心院 真言宗善通寺派大本山
醍醐寺 言宗醍醐派総本山
仁和寺 言宗御室派(おむろは)総本山
大覚寺 言宗大覚寺派大本山
泉涌寺 真言宗泉涌寺派総本山
勧修寺 言宗山階派(やましなは)大本山
朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)信貴山真言宗総本山
中山寺 言宗中山寺派大本山
清澄寺 言三宝宗大本山
須磨寺 言宗須磨寺派大本山

【新義真言宗系】
智積院(ちしゃくいん)真言宗智山派(ちざんは)総本山
長谷寺 真言宗豊山派(ぶざんは)総本山
根来寺(ねごろじ)新義真言宗総本山

【真言律宗】
西大寺 真言律宗総本山
宝山寺 真言律宗大本山