明け方に妻と大口論。うんざりして昼には新幹線に飛び乗り、東京へ向かった。 自宅まで呼んだ、いつも使っているタクシーが1月10日から禁煙化すると云う。オイオイ止めてくれや〜こんな地方都市でまで禁煙ブームに便乗するんは。以前は時間や快適さを金で買う物だと云う主義だったが、新幹線もタクシーも禁煙だらけじゃ利用する意味が希薄化していく。

新幹線の車内はまだ帰省ラッシュのさなか。家族連れが多く、子供たちが騒ぐ声や泣き声が充満している。 昔は大嫌いだった子供のうるさい声も、今は平気になった。これは神仏に手を合せ出したせいだけでなく、歳のせいだろうか? 以前も書いたが、今更まだ幼い女の子をこの腕に抱きたいと思う。今まで二番目と三番目の女房との間に、授かった実の子供は都合(笑 四人とも男だ。今の娘は現女房の連れ子だから、初めて会った時は既に小学校二年生だった。



b20c5ce6.jpg

 まずは、一目散に目黒大圓寺へ。雅叙園に程近いこの寺の三面大黒天は、当の住職が幼年期に驚いた体験があるほど、大変ご利益が多いと云う。山手線七福神めぐりの一つにもなっている。都心のど真ん中なので、決して広くはない境内だが、所狭しと釈迦堂、阿弥陀堂、五百羅漢などが並ぶ。ご本尊は十一面観音。
次々と訪れる参拝客の邪魔にならぬ様、本堂前の端によけて読経を唱えた。四国歩き遍路満願のお礼は勿論、今日は忘れずしっかり持参した大黒天経もあげた。

今年はねずみ年、今月1月25日は12年に一度の「甲子祭(きのえねさい)」の大祭が各地の、大黒天信仰の寺や神社で行われる。画像で少し見えると思うが、この寺も当日は10時13時15時の、三回に分けて護摩法要が催される。自分も25日にはここへまた訪れる予定だ。また前日23時半からは、弘法大師が登嶽し大国主命(おおくにぬしのみこと)を奉納したと伝えられる、群馬の妙義山 中之嶽大黒神社の甲子祭へも出向く。子の刻=深夜0時〜2時を指し、この大黒神社では年に六度ある、甲子の日の子の刻に祭事がある。祈祷料は一回 二千円、一年で六回分なら一万円。コーヒーチケットじゃないが、一回分お得だ(笑。 遠方の人や、当日欠席しても御札を郵送してくれる。ご興味のある方は、相談してみては。甲子祭詳細TEL:0274-82-5671 




19cec2ef.jpg

 次はお約束の、目黒不動尊へ。
ここは初詣客でトンでもない人だかり。

e51cb91f.jpg

 水掛け不動には、人気アトラクション並みの行列。

f2f4df2f.jpg

 本堂へも通行規制が敷かれる。
本堂前では、たった百円の線香をケチり、他人の上げた香煙を仰ぐ。正月ぐらいしか、参らない一般参拝客はこんな程度だ。自分も昔はあーだった。普段は堂内に上がってご本尊を参拝出来るが、この日は護摩祈願する人だけに限られ上がれなかった。あまりの人ごみに、不動明王のご真言を唱えるに留めた。

84e8d5bd.jpg


 裏へ廻り、大日如来像へ拝謁。
ここも普段より混んでいるとはいえ、知っている人しか居らず静かに読経できた。元旦の木漏れ日の中、神々しさは相も変わらずの美しさだった。



 境内の石段を降りる度に、傷めたアキレス腱が疼く相当痛い。本当はまだ、歩き回らない方がいいんだろうな。帰りに仁王門で礼拝する。他の誰一人として、している者はいない。ここはもう巡礼に満ちた四国ではないのだ。
沢山の露店があったが、入り口に一風変わった御守を売る店があった。入るときに気付いていたが、どーせロクなモンじゃなかろうとシカトしていた。が、何やら先に買った青年が恭しく、大きな白蛇を掴んだ女性に祈祷されている。

「ナンや?」とヘラヘラ近づいて話しを訊くと、ただのテキヤではなく、日本三大薬師寺日向法華嶽薬師寺 別格本山高天ヶ原神社金龍山白蛇殿(メッチャ長い(笑) から出向かれていると云う。 ここはご利益が大きいと聞いた事があったが、こんな所で出会えるのもえにしか? 信仰深かった祖母も白蛇を祭っていたし、自分も巳年生まれ。女性と話してる内に、さっきまで留守にしてた院主様が戻ってきて、直接ご祈祷とお清めの儀を受けられると云う。おまけに、御守は正月料金で半額の五千円ときた。状況的にこれはもう、頂くしかないと(笑。結構好っきゃね〜こーゆーのマジで。

高天ヶ原神社白蛇の御守


それがこの御守、画像パクったのでちょっと実際のとは違うけど(爆。


 
 目黒駅のロッカーナンバーは34、今夜のホテルの部屋番号は1504。自分の運命数「4」が続くのは、正月早々縁起が良いことこの上ない。明日は花園神社にも参拝するため、すぐ傍の宿「ホテルサンライト新宿」に泊まる。安いビジネスホテルだ。今まで新宿での定宿は、東京ヒルトン〜たまに京王プラザ。それらと比べると、五泊分は泊まれる。贅沢してたモンだ。

 新宿へ帰る頃には、妻とのイザコザもすっかり忘れていた。やはり純粋な気持ちでの巡礼や、神仏との対面は心が洗われるのか。 大好きな「鶴橋風月」で一人ビールを呑み、つまみに牛すじ玉とゲソ塩焼きを注文。足りないし、風月に来れば焼きそばを食わないと終われない。追加でビールと焼きそば大盛りを頼むと、若いウエイトレスに聞き返されビビられた(笑。 あ、そういや昼間に目黒不動のテキヤで、焼きそば食ったんだった。どんだけ焼きそば好っきゃねん?(爆