06*38 なんば駅
 Suicaの使えない、地下鉄御堂筋線の中は既に通勤ラッシュが始まっている。何しに、こんな朝っぱらから地下鉄に乗っているのか? 実は急に思い立って、京都へ向かっているのだ。そう、あのリーフレットを見てから気になっていた、東寺へ参るために。特別展観は3月に行こうと思ったのだが、それまでとても待てない。もう居ても立っても、居られなくなってしまった。3月を待たずとも、目当ての二十一尊像のある講堂は年間通じて入れる。千百年以上も、秘仏にされていた21尊像は昭和40年、正しく自分の生まれた年に、その扉が開き一般公開されたと云う。どうしても見たい!。

 それにもしかしたら、お大師さんに導かれたのでは?
と思えるほど、タイミング的にもピッタリだった。 なぜか?それは今日「21日」は、お大師さんの月命日なのだ。東寺では、1239年以降毎月21日に「弘法市」と呼ばれる盛大な市が開かれ、特に本命日の4月21日と「終い弘法」は、最も人出が多く20万人を超す大盛況だそうだ。
 


 もし、四国で別格20番大瀧寺に戻らず、1番霊山寺から二日早く高野山へ行ってたら? もし、ミナミで四泊せず直行で群馬へ帰っていたら?もし、あのリーフレットを見なかったら? ・・・どう考えても、お大師さんが「来い!」と云ってる気がしてならない。お大師さんが、21尊像の前で護摩を焚かれたと云う、あの講堂へ行きたい!
行きたくて堪らない! 抑えられない思いのまま、残り一泊分をキャンセルし、夜明けの御堂筋ホテルを飛び出した。


 歩き遍路に使用した荷物は、全てダンボールに詰め直して自宅へ送った。 ただ、菅笠は、デカくて入らないので被ったままだ。金剛杖も無いと歩けない、掛け軸は折れると困るから、背中に刀のように縛り付けた。それ以外にも、入りきらなかった荷物をキャリーに詰めた。 昨日は一日、殆どヒッキー状態でホテルにこもり、傷付いた脚を療養しながら遅れているブログを更新していた。外へ出たのは昼と夜に、メシを喰いに行った二度だけ。その際に、出発前に暖かい言葉を添えて下さった、富岡市のT氏へ551蓬莱の豚まん詰め合わせを贈った。


〜大阪マメ知識〜
楽天でも有名なので「蓬莱の豚まん」をご存知の関東以東の方も多いかも知れないが、蓬莱を知らない大阪人は居ないと云うぐらい関西では子供でも知っている店で、関東は横浜を除き、肉まんと云うがキャッチフレーズの通り「豚まん」が美味い。ミナミが発祥の地で、終戦の創業時は一社だったが昭和39年に「551蓬莱」「蓬莱本館」「蓬莱別館」と分裂している。現在もミナミの店では、隣同士でしのぎを削る。楽天で全国ネット販売しているのは「蓬莱本館」、地元人に最も人気なのは「551蓬莱」だ。ここは、ネット販売はしないが、活気のある実演販売がメインで持ち帰りと地方発送が出来る。