fdef19ef.jpg
f51bfa75.jpg
16*25出撃
この寺には、室戸岬最御崎寺遍路センターと言う、実に長ったらしい名称の宿坊がある。
そこか、若しくは岬の東側にあるホテル明星に泊まるつもりだった。


何故なら、御蔵洞(みくろどう)変換されないから、携帯はうっとぉしい!
は、お大師さんが虚空蔵菩薩求聞持法を体得された場所であり、悟りを開かれたのを機に出家された由縁があるからだ。


ずっと、読んで下さってる方はご存知の通り、自分も同じ修行を実践中で現在29万偏を越えた所だ。
是非、同じ場所で一晩過ごして、虚空蔵菩薩求聞持法をやりたかった。

だが、ハーレーの会長と男の約束がある。何が何でも、16日までには12番焼山寺を越えたい。
その為には、ここで留まる訳には行かないのだ。一歩でも二歩でも、先へ進まなければ。


それともう一つ、いつか出会った、婆さん歩き遍路に泊まってみなさいと、薦められた鯖大師の宿坊。

明日、そこに泊まるなら、55Kmを一気に歩かねばならない。
わずか、3.5Kmとはいえ減らしておくために、今夜はロッジ室戸岬を宿とした。


17*10御蔵洞
左右二つの洞窟があり、それぞれ神様が祀られていた。
左が大国主命。我が家の中心神なので、そちらへ入って行く。
余談だが、お大師さんも三面大黒天を重んじ多くの仏像を刻まれたと云う。


もう、辺りは薄暗く、洞窟内は真っ暗だ。頭にライトを付けたが、ほんの目の前しか見えず、何が何だか良く分からない。
仕方ないので、洞窟から出てきて、入口で大黒天経を上げる。

そんな時に、バカップルがキャーキャーいいながら、洞窟へ入ったり出たり、じゃれあってる。…激怒スイッチオン。

「ぶっ飛ばすぞ!テメエら!」
お大師さん、ごめんなさ〜い (反省



宿へ歩き出してすぐ左手に、白く巨大な青年大師像が太平洋に向かって立っていた。
「DVDで観た、ごっついお大師さんは、これやったんかぁ…」
若き修行中の大師像は、全国唯一と書かれている。是非、じっくり拝見したいが、真っ暗で門も閉まってる。

恐らく、みなこうして初めての旅で見逃したり、行けなかった場所にまた行きたくなって、再び四国の地を踏むのではなかろうか。
自分も、今回は省略した奥の院などだけを廻る、二度目のマイツアーを、既にやりたくなってきた。


右手にホテル明星が見える。大好きな露天風呂の看板が!入りてぇー泊まりたかったぁー


新しいのか、高いのか、遍路地図にはないが、お洒落なレストランを併設した、リゾートホテルが青いイルミネーションに浮かび上がり、とても美しい。
カップルなら、うっとりしそうなホテルだ。遍路には用なしって言われてる気がする。
そんなムードを我慢し過ぎてきて、段々ひがんきた。(笑)



あんまり真っ暗で、もう着いても良さそうな宿が見えない。
まだ遠いのか‥大きな工場名なら知ってるだろうと記憶し、宿へ電話しながら歩こうしたら、繋がる前に五歩で着いた。


18*20
優しい婆ちゃん女将。野良犬のように、ガツガツ食うのを見て、「遅くなったからお腹空いたねぇ〜」と、魚とカボチャの天ぷらを追加してくれた。


風呂は広い。介護用椅子はズタズタの脚に嬉しい。
洗濯機の場所を訊くと、やってくれると言う。超ラッキー〜露天風呂より、百万倍嬉しい。頑張って良かった。
「洗濯してあげるからね〜」と、女将はどこまでも優しい。

今回は忘れず、生パンツを脱いでお願いした。(笑) 洗濯してくれた宿は、これで三件目だ。


ビール一本貰って、部屋に戻る。かつて利用した遍路たちから、感謝の手紙ハガキが沢山箱の中に入っていた。

ロッジ室戸岬、今夜も善い宿に恵まれた。お大師さん、ありがとうございます。
感謝合掌