011b490d.jpg
44e5a906.jpg
73bf6aa0.jpg
画像
マリンから見える、太平洋の日の出

画像
美しい太平洋の夜明け

画像
終点が見えない長い橋


04*44起床
金剛杖も、だいぶ短くなってきた。最下段のシリアルナンバーはとうに消え、その上に書かれた氏名四文字の内、下の名前が一つ消えかかってる。
この杖と共に、様々な山、果てしない道のり、覆い茂る雑木林をくぐり抜けてきた。自分の脚か杖か、どちらか先に折れるまで、まだまだ歩き続けるのだ。


モーニングを、トーストとおにぎりの2セット注文。コーヒーも二杯。それでも安い。
締めて7200円。洗濯300円、素泊まり4000円、朝夕食生ビールで2900円。頼んでないのに、お接待のおにぎりに合掌して御礼、2日連続は初だ。


06*21出撃
母なる大地と良くいうが、海こそ女だと自分は思う。
山は気高く、動じず、険しく、四季折々の彩りを魅せるのも男っぽい。

が、所詮は遥かに雄大な海に囲まれた大陸に過ぎない。
波は、四季よりも常に刻々とその表情を変え、移り行く女の心そのものだ。

男は女の中から産まれ、また果てる儚き生き物。生物学的、生命力でも女に勝てない。

全国の奥さん、男はみんな心の中では、そうだと分かっているのですよ。だから、せいぜい威張らせてあげなさい。尽くしてあげなさい。癒やしてあげなさい。そうすれば、馬車馬のように、働いて金を持って帰ってくるから。そこが、分かってないのが多いよね。


民宿 安宿の前を通る。名前とは大違いで、キレイな鉄筋三階立ての宿だった。

何故か、ふいにデビルマンの唄を口ずさむ。始めも終わりも全部唄えた。

裏切り者の名を受けて、全てを捨てて闘う男〜初めて知った人の愛、その優しさに目覚めた男〜人の世に愛がある、人の世に夢がある、その美しい物を守りたいだけ〜

う〜ん‥エエ唄やなぁ〜デビルマン、あんたは男前やで!


因みに子供の頃、永井豪の作品は、キューティーハニーから閻魔くんまで全部好きだった。勿論、当日は充分エロかったから(笑)


若い遍路に道を教える、労う。かなり、そんな余裕がこの頃出て来た。


09*06
真念庵から東へ伸びる、今まで最長1620mの新伊豆田トンネル。中は暗い、こんな長いのに無灯火の車が来る。歩道と車道に段差があるので、まだマシか。マスクのみで入る。

二人組の遍路、懐中電灯+反射板のフル装備だ。トンネル内で、すれ違うのは初だ。どノーマルの年配遍路にも会った。

後ろから、大型車が来ると、風圧で車道へ吸い込まれそうになる。09*31突破

トンネルは飽きる。車でも眠くなるのに、歩きじゃ滅茶苦茶長い。休憩も出来ない。


久しぶりの太陽が降り注ぎ、気持ちがいい。しばし海を離れ山へ向かう。日陰が多くて、肌寒い。日向を見つけ、暖かい場所で一服。

キャリーに、ザックを載せて転がす遍路。険しい遍路道を歩く時はどーすんだ?

10*45
休んでいた、隣の民家の婆ちゃんから、お接待の缶コーヒー。ボスカフェオレだ。普段、ブラックしか飲まないが、冷たい内なら何とか飲める。

電信柱の土台に座ってると、蟻に天道虫にカタツムリが、揃って脚に登ってくる。

長い橋、吹き曝す風で菅笠はぐにゃぐにゃになる。どこかで、買い替えないとこれもダメか。


信号、交通量共に少ない田舎道の平均時速はおよそ70Km。コンビニの間隔は10〜20Km、ファミレスは50Km、百均なんて滅多にない。


12*25
県道42、山の車道が続く。今日は小便が近く四回目。呑みに行ったら一番席を立たない方なのに、朝の潮風に吹かれ体が冷えたか。


13*02昼食
頂いたおにぎりを、歩きながら食う。
遍路道かと思ったら、広い運動公園の中に入った。散々迷った内子の駅を思い出す。


公園のトイレでウンコ。今頃、出んなよなぁ〜面倒臭いわ、足は痛いわでムカつく。以前は、朝食に毎朝快便だったのに、食ったらすぐ出発してるので、変な時間に催してうっとぉしい。


この辺り入野港は、ホエールウォッチングが出来るそうで、看板が幾つかある。沖縄まで行かなくても見れるんだな。


ランニング中の小学生、一人一人にガンバレ頑張れと励ます。やっぱり、おデブちゃんは遅いからドベ(ビリ)を走ってる。好きなモンを親が食わせ過ぎると、子が恥をかいて苦労する。


15*30宿に電話
予定よりも遠い、井の岬温泉ホテル。コースから外れてるし、立地が悪そうなので安いと読んだ。

二食7350円、朝食7時から。館内でも食事出来るという、なら素泊まり4200円に決定。


途中、善根宿があった。こうした、善意の個人支援による休憩所が幾つもあるのは、頭が下がる。
が、一度ここまで行くと決めたら、手前では絶対に泊まらない。行くと決めたら行く。

他にも、イオン水を飲んで下さいと自宅の前に置かれた接待もあった。


明朝、ホテルから国道に出る、明朝暗い内に歩く道の下見をしておく。
足元が悪そうだ。目立つ石は退けておく。


16*35着
久しぶりに、陽が沈む前に宿へ入れた。今日は夕日が見れる。
風呂は中浴場、足が伸ばせたのも久しぶり。窓開けたら、モロに海だ、潮風がたっぷり注いでくる。

ラーメン定食大盛+生ビール、合計5300円。体重は70Kgを割った、12Kgの減。左足痙攣がまた始まる。



42359075.jpg
f43108bb.jpg
ef73101d.jpg

可愛い一両編成の列車と、駅。今時の遊園地にもなさそうな、レトロさがいい。乗ってみたくなった。

いくら、人間様の手によって、自然が淘汰されても、また逞しく芽を出す植物。
人工的な物など、少し手を入れずに放っておけば、あっという間に自然に巻き返される。子供の頃に読んだ、ワンプの星は正に人間世界の事だったんだ。