とうとう、9月も今日で終わりというのに
四国八十八ヶ所遍路へ旅の準備は整わず
出来たといえば、レンタカーの予約だけ。

宿泊も、航空機も、持参品もまだです。
今日はここから先、自分用に書きます。
訪問された方のお役にたつかどうか、分かりませんが・・


〜発願(遍路への旅立ち)まで、あと準備すること〜

1、航空機と新幹線の手配
  *片道のみ。帰りはいつになるか未定なので。


2、宿泊予約
  ツアー会社に頼むと楽。でも融通が利かない。
  →歩き遍路なら、向こう三日間づつぐらい予約しながら行くらしいです。
   もういっそ、関東八十八ヶ所遍路の時の様に、行き当たりバッタリで行きますかね〜


3、持参品(購入しないとない物)
  ◆リュックサック(ザック?)
 (四国八十八ヶ所遍路と小豆島八十八ヶ所遍路の満願後に、最終地の高野山金剛峰寺までは、電車など利用するものの基本的に歩きなので必要)

  ◆軽登山靴
  これも当初は不要かと、思いましたが、境内での歩きや鎖で登るような行場では、やはり必要ですかね。

  ◆カッパ(レインコート、ポンチョ)
  リュックごと、羽織れる物がいいそうだと聞いて見に行きましたが、レインスーツに比べ安価ですが、品数が少ないのが難点。登山靴もそうですが、ザックも合羽も全て白装束にしたいのですが、そんな物ありません。半分もう何でもいいかという気になってます。


4、持参品(上記以外)
  *当初、レンタカーをいい事に何でも持っていく気でいましたが、やはり高野山へは基本歩きなので、極力減らす事にします。しかし・・

  ◆パソコン
  これは外せません。ブログも書きたいですし、メール連絡もあります。
  いざという時、調べごとをするにも楽です。
  しかし、ACアダプターも重い。濡れるのが心配。
  電波入らない場所も多いでしょう。
  毎日、早寝早起き・・書いてる時間はあるのか?
  そもそも、遍路に必要なのか?・・
  とはいえ、約一ヶ月間もPCを開かないとどうなるのか?
  正直、悩んでます。

  ◆衣類
  二三日分。洗濯出来る宿が多い(らしい)です。
  たった二三着の服だけで、およそ一ヶ月間やりすごす。これも初めてですね。

  ◆電気ひげそり
  ぼうず頭なので、普段からひげも頭も刈れる物を使ってます。が、しかしこれもまた持参するには、ACアダプターが・・旅をするにも、こんなに充電器だらけなのですね。今は。これも置いていこうかと思います。

  ◆医薬品
  胃腸薬・・薬は結構、平気なので不要ですかね・・
  絆創膏とホワイトテープぐらいで。

  ◆保険証、免許証

  ◆ぱるるのキャッシュカード
  四国は、郵便局が便利だそうです。
  
  ◆仏具、遍路用品
  数珠、半袈裟、持ち鈴、笈摺、菅笠、手甲、脚甲、前掛け、金剛杖、納経帳
  経本は、四国八十八ヶ所用と小豆島八十八ヶ所用、それぞれ現地にあるでしょうから調達しようと思います。  
  
   
こんなところでしょうか・・
無事に、高野山金剛峰寺まで辿り着けたら、高野山で2〜3泊してから、地元大阪でも1〜2泊して小休止したあと、レンタカーを借り直し、西国三十三観音巡拝に行くつもりです。

この小休止の間、ずっと遍路用の白装束では変ですし、ご近所の不動寺ご住職がいうには本来、西国三十三観音は観音霊場なので、遍路とは違う(南無大師遍照金剛ではなく、南無観世音菩薩と入った)笈摺と金剛杖に取替えなくてはならないそうです。・・書きながらふと思いましたが、すると・・お大師さまの梵字が入った菅笠はそのままでいいんでしょうか?まぁ、いいといましょうか。


とにかく、そんな長旅ですから
とりあえず、四国には不要な上記の私服やら観音霊場用品などは、先に大阪の局留めにでもして送って置いた方が良さそうですね。