大聖歓喜天宗 勤行次第朝行(一座)より

南無 帰命頂禮大悲尊
(なーむ きみょうぉ ちょぉうらい)
大自在大聖大悲大仁慈歓喜雙身天神王
(だいじだい だいしょうだいひー だいじんじ かんぎーそうしんてんしんのう・・・・)

・・・の誓わせ給う言(こと)の葉を
告(もう)すも 畏(かしこ)き事なれど
聊(いささ)か 此(ここ)に教化(きょうげ)
したまいて 衆生(しゅじょう)に聞かせまいらせん

夫(それ)天尊(てんそん)と言(もう)するは
和光利物(わこうりもつ)の表示にて隨類(ずいるい)
應現(おうげん)ましまして 陰陽和合(いんようわごう)
の元(もと)ぞかし 萬像(まんぞう)これより
生長(せいちょう)し 金胎両部(こんたいりょうぶ)の教主たり

外(ほか)には 忿怒(ふんぬ)の御姿(みすがた)も
内(うち)には 慈悲(じひ)の御心(みこころ)ぞ

故に衆生の苦を抜きて
普(あまね)く 與樂(よらく)の薩埵(さった)なり

功徳(くどく)の高きは天に比し
利益(りやく)の厚きは地に等し
十方(じゅっぽう)に 周遍(しゅうへん)ましまして
衆生を守らせ給うなり

福徳才智(ふくとくさいち)且つは亦(また)
延命敬愛(えんめいけいあい)その外(ほか)に
降魔調伏(ごうまちょうぶく)除病(じょびょう)等(とう)
願いに任せ垂れ給う

譬(たと)え 貧しき輩(やから)にも
尊の名號(みょうごう)を唱えつつ
祈れば納受(のうじゅ)ましまして
忽(たちま)ち 望む者に望むままの栄華(えいが)の
印(しるし)必ずや現れん

卑賤(ひせん)の身にも信じなば
高貴の官に昇るべし 信に應(おう)じて隨應(ずいおう)し
天下に名をも 天(かみ)と民(たみ)と共にあぐるなり

元より愚俗(ぐぞく)の邪智(じゃち)なれば
尊天これを慰(あわ)れみて 救い玉(たま)うぞ御誓願
小林阿闍梨の形見・三鈷杵(さんこしょ)・


故に諸願を成就し 常に念ずるその家は
災難、諸難一切 千里彼方に除きつつ 
悪魔、悪縁、悪運 万里億劫に退けて
七寶(しちほう)この身に浴びて家に満ちぬべし

此(こ)の天を信ずる輩(ともがら)は
晝夜(ちゅうや)擁護(ようご)したまいて
樂しみ心に現出叶えつつ 憂きこと常になかるべし

或いは宿業(しゅくごう)つつまりて
既に命葉(めいよう)危うきに 一心不乱に念ずれば
忽(たちま)ちその難のがるべし
懸(かか)る難をも除(の)け給う

増してや 祈る願望は現世出世の差別なく
望むままにことごとく成就せしめるは 低頭(ていず)
合掌の功(こう)徒(いたず)らに心身を勞し 
朝祈暮賽(ちょうきぼさい)の勤め 幣帛(へいはく)を費やすに至らぬ 
唯一絶対の天(かみ)であるが故に これ天尊上様だけの
ご誓願御神力なるぞ有難たや 行く末何を悟り如何に世に人に
還すかこそ 上様のご悲願なるぞ 努々忘れることなく

深き化益(けやく)の海よりも
廣(ひろ)き恵みの功徳をば 秘めて演(のべ)ずば
此(こ)の天尊の 尊き教えにもどるなり(←背くなり)

信をおこして朝夕に 唯ただ怠らずひたすら念じなば
福禄(ふくろく)家に満ち満ちて 命は亀鶴(きかく)の如くなり

あな尊きや その徳を演(のぶ)るに
言葉も及ばねど 聊(いささ)か功徳を讃じつつ
大悲の光をあらわして 我れ人共に現未来(げんみらい)
二世(にせ)の悉地(しつじ)を成就し
一度(ひとたび)唱うを縁として
龍華(りゅうげ)の会場(にわ)に値遇(ちぐう)せん

あな有り難や あな尊と
大自在尊観世音(だいじざいそーんかんぜおん)
雙身隨類度衆生(そうしんずいるいどしゅじょう)
感應道交難思議(かんのんどうこうなんしーぎ)
是故我禮歓喜天(ぜーこーがーらいかんぎーてん)

嬰児(みどりご)が 母にすがらむそれの如(ごと)
是非をば捨てて 唯すがらむ

南無大聖大仁慈歓喜雙身天神王 自他法界平等絶対利益即刻成就
(三遍)
(なーむだいしょうだいじんじーかんぎーそうしんてんしんのう)
(じーたーほーかいびょうどうぜったいりーやく そっこくじょう
じゅ)

おん ふりーひ ぎゃく うん すヴぁーはー
おん ふりーひ ぎゃく うん すヴぁーはー
おん ふりーひ ぎゃく うん すヴぁーはー
おん ふりーひ ぎゃく うん すヴぁーはー
repeat、、、、

2011年1月初編記述。2017年10月改正。2020年9月改正。
我がご本尊も拙僧も力を増しております。初めての方は是非とも、改正前と読み比べた上、今後はこの和讚を朝の勤行時にお唱え致しましょう。良く良く噛み締めるようお唱えしておれば、貴方の五臓六腑に必ず染みて参りましょう。

編集後記
過日、まんだらや密教研究所 主幹 故・恩師小林阿闍梨の月命日が今年も過ぎました。
小林阿闍梨とは、拙僧が歩き遍路から戻ってきてからの出会いでしたが
恩師と出遭わなければ、間違いなく今の私は、増して密教僧の私は存在していなかったでしょう。
心より感謝いたします。


ぜひ、一度はPC版でもご覧ください。
本日の講釈はこの辺にて。ほな、さいなら。
毎度おおきに。有難う御座いました。
平素ご高覧に感謝致します。

全世界核廃絶武装解除 Prayers for World Peace.
全人類が共に尊み共に助けあい共に慈しみ合いますように
We've to do Heavenly Rapture Pure Land construction.
皆さんに聖天様のご加護賜りますこと祈念致します

感謝合掌 北斗法蓮