20-09-11-16-47-18-989_photo

大聖歓喜天宗 勤行次第晩行(二座) 
大聖歡喜尊天和讃
(だいしょうかんぎそんでんわさん)

一、
帰命敬禮大自在 大聖歓喜雙身天神王
(きみょうちょうらい だいじだい)
(だいしょうかんぎ そうしんんてん しんおう)
摂取不捨(せっしゅふしゃ)の本誓(みちかい)に
慈悲の御手(おんて)を 垂れ給い 
至らぬ智慧(ちえ)を 楫(かじ)として
覚束(おぼつか)なくも 現(うつし)世の
荒(あら)き浪風(なみかぜ)渡る身を 
願う儘の岸へ 我ら一同 もれなく直ちに何卒着け給え

二、
そもこの天(かみ)の本誓(みちかい)の
げに有り難くましますは 世の父母、祖父母、諸人縁者が
其の子らの 浮世を知らぬ我儘を 無理の願いと知りつつも 
その智慧(ちえ)浅きを慰(あわ)れみて
願いを叶え給いつつ 導き給うに畏れ多くも さも似たり

三、
もとより愚痴の我等故 願い求むる事毎(ことごと)に
己が力を計らざる 無理なること ばかりならん
然れども御胸(みむね)にかけられで 唯ひたすらに縋りなば
願いの儘を即刻得させんと 誓わせ給うぞ有り難き

四、
凡(およ)そ此の世に示現(いで)ませる
諸仏菩薩の御心(みこころ)に 我等衆生の苦を抜きて
涅槃の岸に渡さんと 本誓(みちかい)あらぬはなけれども
納受まします願いには自ずと限り定まりて この天尊の如からず

五、
例えば宿業(しゅくごう)究(きわ)まりて
絶えなんとする玉の緒(お)を 繋ぎ止めんとする如き
難き願いに至りては 唯この天(かみ)を他(よそ)にして
如何なる神仏を祈るとも その本誓(みちかい)にあらざれば
お霊験(おしるし)のなきを 如何(いか)にせん

六、
然れども独りこの天は 唯一筋に祈りなば
かかる難をも除け給う 増してや他の願望は
現世出世(げんせしゅっせ)の差別なく
望む者は望むときに望むモノを望むが儘に成就せしめるは
この天尊上様だけのご誓願、ご尽力なるぞ有難や
決して空しかるべからず 祈る心のこの天に 届かざりける
例(ためし)なし 霊験(しるし)なかりし例(ためし)なし

七、
然らばこの天(かみ)畏(かしこ)くも
我に微妙(みみょう)の法ありて 世間に類なきところ
我に縋らぬものあらば 我は順世(じゅんせ)の法により
汝(なれ)が求むる願いをば 得させざる事なきなりと
我等がために説きませり

八、
斯(か)かる奇(く)しき御力(みちから)を
御身(おんみ)に備えましませば 我等が祈る願いをば
遂げさせ給わぬ事ぞなき 乳を求めて母を呼ぶ
嬰児(みどりご)の生き死にが如ひたすらに
ただこの天(かみ)を念じなば 感応道交(かんのんどうこう)ましまして

九、
卑賤(ひせん)の職にあるものも 不遇の境にあるものも
高貴の地位を占め得なん その日、先行きの糧(かて)に悩む身も
望む者は望むだけの財を成して 必ずや瞬く間に
富貴の身とぞなり得なん 学問諸芸を望むとも 智慧辯才(ちえべ
んさい)を求むるも 人格・人脈・人望・人財・人宝・賛意・賛同
・支援・協力・援助を得て 信に隨應(ずいおう)増しまして
世に其の名をば 天(かみ)と民とを後押しして挙げうべし

十、
或いは病に悩むとき 家内の不和を嘆くとき人の嫉(そね)み・
嫌味・悪意・悪業・あらゆる圧力・妨害・阻害・誹謗中傷・非難・批判・
辛辣な意見・風評・悪評・酷評・誤解・偏見・差別に泣かんとき 立つ期(き)道
、進む道に惑うとき 火難・盗難・剣難・災難・人難・財難・病難
困難・国難・世界難・人類難に、遭うもただただ念じなば声に來應
(らいおう)増しまして 総ての難を除け給う一切の憂いなし

十一、
常に念ずるその家は 我が子を思う親のごと 暫しの隙(すき*ひ
ま)もたゆみなく 見霽(みはる)かしましましせば
邪(まが)つ鬼等の邪事(まがごと)も 窺い寄らん隙間なく
長閑けき春の日の如く いと安らげく大らかに明日も過ごしえん

十二、
かく有難く慈悲深き 天(かみ)在(おわ)すとも徳薄く 
其の御名(みな)をつゆ聞かざらば 祈り縋らんすべもなしさるを
幸ある此の身かな 宿世(しゅくせ)如何なる善き縁(えにし)
この天(かみ)のため結びけん 天(かみ)の恵みを身に浴びて

十三、
天(かみ)のみ情け知るのみか 生みの親にもいや勝る
現當(げんとう)二世(にせ)の教主(おや)として
縋る幸をば知りにけり 辛き浮世を渡るにも 
ただひたすらに この天(かみ)を杖と頼みてゆく身には
心に罹(かか)る雲ひとつなく 常日頃快晴なり

十四、
人のこの世をいとも易く 渡らんのみか其の上に
來たらん次のあの世にも またこの天(かみ)に迎えられ
天(かみ)の御手(おんて)に引かれつつ
二世(にせ)の悉地(しっち)を成就して
龍華(りゅうげ)の會場(にわ)に値遇(ちぐう)せん
あな有難や あな尊(とうと)

十五、
大自在尊觀世音(だいじざいそーんかんぜおーん)
雙身隨類度衆生(そうしんずいるいどーしゅーじょう)
感應道交難思議(かんのんどうこうなんしーぎー)
是故我禮歡喜天(ぜーこーがーらいかんぎーてん)

嬰児(みどりご)が母に縋らむ それのごと
是非をば捨てて 唯すがらむ

南無大聖大悲大仁慈歡喜雙身天神王 
自他法界平等絶対利益即刻成就
南無大聖大悲大仁慈歡喜雙身天神王 
自他法界平等絶対利益即刻成就
南無大聖大悲大仁慈歡喜雙身天神王 
自他法界平等絶対利益即刻成就

おん きりく ぎゃく うん そわか・・・repeat..

ぜひ、一度はPC版でもご覧ください。
本日の講釈はこの辺にて。ほな、さいなら。
毎度おおきに。有難う御座いました。
平素ご高覧に感謝致します。

全世界核廃絶武装解除 Prayers for World Peace.
全人類が共に尊み共に助けあい共に慈しみ合いますように
We've to do Heavenly Rapture Pure Land construction.
皆さんに聖天様のご加護賜りますこと祈念致します

感謝合掌 北斗法蓮