PA0_0340

大聖歡喜尊天和讃 晩行(二座)
(だいしょうかんぎそんてんわさん)

第一説、
南無帰命敬禮 大自在大聖大悲大仁慈 歡喜雙身天神王の、、、
(なむきみょうちょうらい だいじざいだいしょうだいひだいじんじ 
 かんぎそうしんてんしんおう)の、、、
摂取不捨(せっしゅふしゃ)の本誓(みちかい)に
慈悲の御手(おんて)を 垂れ給い(たれたまい) 
至らぬ智慧(ちえ)を 楫(かじ)として
覚束(おぼつか)なくも 現世(うつしよ)の
荒(あら)き浪風(なみかぜ)渡る身を 
我ら一門 願うままの岸へただちに着け給え

第二説、
そもこの天(かみ)の本誓(みちかい)の
げに有り難くましますは 世の父母(ちちはは)祖父母、親類諸人縁者が
其の子らの 浮世を知らぬ我儘を 無理の願いと知りつつも 
その智慧(ちえ) 浅きを慰(あわ)れみて
願いを叶え給いつつ 導き給うにさも似たり

第三説、
もとより愚痴の我等故 願い求むる事毎(ことごと)に
己が力を計らざる 常々無理なることばかりならん
然れども御胸(みむね)にかけられで 唯ひたすらに縋りなば
願いの儘を得させんと 誓わせ給うぞ有り難き

第四説、
凡(およ)そ 此の世に示現(いで)ませる
諸仏菩薩の御心(みこころ)に 我等衆生の苦を抜きて
涅槃の岸に渡さんと 本誓(みちかい)あらぬはなけれども
納受まします願いには自ずと限り定まりて この天尊の如からず

第五説、
例えば宿業(しゅくごう)究(きわ)まりて
絶えなんとする玉の緒(お)を 繋ぎ止めんとする如き
難(かた)き願いに至りては 唯この天(かみ)を他(よそ)にして
如何なる神を以て祈るとも その本誓(みちかい)にあらざれば
験(しるし)のなきを如何(いか)にせん

第六説、
然れども独りこの天は 唯一筋に祈りなば
かかる難(なん)をも除け給う 増してや他の願望は
現世出世(げんせしゅっせ)の差別なく
祈る心のこの天に 届かざりける例(ためし)なし
霊験(しるし)なかりし例(ためし)なし

第七説、
然らばこの天(かみ)畏(かしこ)くも
我に微妙(みみょう)の法ありて 世間に類なきところ
我に縋らぬものあらば 我は順世(じゅんせ)の法により
汝(なれ)らが求むる願いをば 得させざる事なきなり
我等がために説きませり

2011年度版参照
今回は振り仮名を増やし、より詠みやすく致しました。
次回は後編、第八説から十五説までを。

我が法友、静恵阿闍梨。
健勝そうで何より。おおきにおおきに。

ほな、さいなら。
本日もおおきに。有難う御座いました。
平素ご高覧に感謝致します。

全世界核廃絶武装解除 Prayers for World Peace.
全人類が共に尊み共に助けあい共に慈しみ合いますように
We've to do Heavenly Rapture Pure Land construction.
皆さんに聖天様のご加護賜りますこと祈念致します

感謝合掌 北斗法蓮