わが愚かなる煩悩の塊を解く、次なる心を洗う旅。
本国、四国への八十八ヶ所遍路の準備をしている毎日です。


この旅では、本国八十八ヶ所霊場は勿論、四国別格二十箇所霊場も同時に廻ろうと思っています。更に、小豆島八十八ヶ所遍路、西国三十箇所巡礼をも廻りきるつもりです。


全て満願するまで、一体延べ何日間かかるのでしょうか。
現在、それぞれ調べている最中ですが順路的には、
まず、四国へ渡り本国八十八ヶ所霊場と同時に四国別格二十箇所霊場を廻り
本来なら、ここで高野山金剛峰寺を最終地とするのが通例らしいのですが
本土へ渡る前に、小豆島へ寄り道して満願してから高野山へ行き
そのあと、更に西国三十箇所巡礼をこなして戻る予定です。


費用的に最も安価なのは、バスの乗り合いツアーです。
お遍路が初めての方や、出来るだけ安く廻りたい方、作法なども勉強したい方には
オススメです。四国霊場には色んなツアー会社が企画していますし、千葉の満願寺や高野山東京別院など、あちこちのお寺でも独自にお遍路ツアーを企画されています。

ツアーの日程に合わない人や、少人数の仲間内で廻りたい人には今、もっとも多いのが、タクシーツアーだそうです。2〜4人なら自由度も高くまたドライバーの方々がほとんど先達者さんで、色んな作法やお寺の寺伝も教えてくれるそうです。

観光を兼ねていたり、宿を探すのが手間な方々には良い方法かと思いますが、人数が少なくなると、費用がかさむのが難点です。因みに一人だと四国一周で50万以上します。同行するドライバーさんの宿泊費も加算されるからです。


費用の安い順で並べると・・
↓最安 自家用車
↓   レンタカー
↓   乗り合いバスツアー
↓   タクシー企画ツアー
↓   タクシー個人ツアー
↓   歩き遍路


ん?と思われた方。そうですね、以外にも歩き遍路が最も費用がかかります。
別名、贅沢遍路とも呼ばれている理由は、延べ50日もの間歩き続けるため、その分、宿泊費が非常に嵩んでくるということと、歩きの為に毎日早めに宿へ向かわねばならず、一日に多くの霊場を廻れないということです。



関東八十八箇所を自家用車で満願した経験もあり、徐々に作法も心得てきた愚僧は、次なる旅はレンタカーで考えています。本国八十八ヶ所霊場、四国別格二十箇所霊場、小豆島八十八ヶ所遍路、西国三十箇所巡礼と全て満願するまで恐らくゆうに一ヶ月以上はかかるでしょう。我が家には一台しか自家用車でなく、一ヶ月も私が車を占有してしまうわけには行かないからです。


他に準備している物は、毎日書き溜めている「写経」です。
本国八十八ヶ所霊場と四国別格二十箇所霊場。合わせて百八箇所、煩悩と同じ数の四国遍路は、全て満願した際に煩悩の一切を取り除けるといわれています。
そのため、最低108枚の写経を持参して行きたいのです。
しかし、今のところ毎日、朝晩の勤行のあと2枚づつ書いているのですが、一日2枚だと書き出してから108枚まで、54日を要します。

香を焚き、正座をして気を静め集中して書き上げるのですが、元々正座は大嫌いだったので、若干慣れてきたとはいえ書き上げる頃には相当辛くなります。
今のところ、朝書いた物を夜の勤行で読み上げ、夜書いたものは翌朝読み上げてから、保管するようにしています。しかし、もっとペースを上げないと中々旅立てませんね。