IMG_0982


尊天上様(大聖歓喜天・聖天)様の、類まれなる霊験あらたかな所謂ご利益は、枚挙に暇がないところでありますが、解り易い経典から何度か分けてご紹介したいと思います。

大聖歓喜天和讃に曰く、、、


第二節
『浮世を知らぬ我儘を 無理の願いと知りつつも その智慧(ちえ) 浅きを慰(あわ)れみて 願いを叶え給いつつ 導き給うにさも似たり』

この世何たるかも分からぬ我侭あるが故に、無理無茶な願いと承知で、俗人の知恵浅きを大慈大悲の御心で哀れんで、ただ願いを叶えて貰えるだけでなく、同時に知らぬ間に尊き道へと導かれよう。


第三節
『願い求むる事毎に 己が力を計らざる 無理なることばかりならん〜唯ひたすらに縋りなば 願いの儘を得させんと』

願い事をする度に、どれもこれも無理難題ばかりであっても、唯、ひたすらにこの天(かみ)に縋るのなら、願いの侭を与えてくれよう。


第六節
『祈る心のこの天(かみ)に 届かざりける例(ためし)なし 霊験(しるし)なかりし例(ためし)なし』

祈る貴方の心に常におわす、この天(かみ)には、貴方の思いが届かぬ事例はない。この天(かみ)の示される天地宇宙広大無偏なる奇しき御力なければ、亦、叶う事例もない。


第七節
『世間に類なきところ 我に縋らぬものあらば 我は順世(じゅんせ)の法により 汝(なれ)が求むる願いをば 得させざる事なきなりと』

私たちが暮らす世の中に、似たような事例がなかろうとも、この天(かみ)に縋る者があるならば、世俗に従いし者の法により願う人々の分に相応した形で、私たちが求める願いが得られぬことなどない。


まま、本日はこのぐらいにしときまひょか。あんまりいっぺんにお話ししても、ピンとけーへん人には、どーにもなりまへんさかい。縁なき衆生度し難し、、お釈迦様のお言葉は道理で御座います。

このような理釈(仏教的な解説)を読まずとも、日々怠らぬ勤行の中で常に神仏と向き合い、例えば和讃ににせよお経にせよ、心を込めてお唱えしておれば、自然ご自身の心の中に、或る日突然、フツフツと湧き上がるものを感じるでしょう。

そしてその瞬間に既に、尊天上様から多大なる御加護、過大なる御庇護にその身を浴していると知るでしょう。本日たまたま、これを目にされた方も、一日も早く幸福に浴される日々が訪れますように。


ほな、さいなら。
本日もおおきに。
ご高覧に感謝致します。

全世界核廃絶武装解除 Prayers for World Peace.
全人類が共に尊み共に助けあい共に慈しみ合いますように
We've to do Heavenly Rapture Pure Land construction.

感謝合掌 北斗法蓮