mini_120101_0820

写真のお雑煮。寝込んでいるところへ、元旦早々に管理人のおばあちゃんが作ってくれました。まさかここで、温かな雑煮が食えるとも思っておらず、病んだ身体に浄いお接待が沁みました。本当に有難う御座います。


謹賀新年
明けましておめでとう御座います
本年も皆様の更なる運気上昇と、輝く未来を祈願致します


さて、新年一発目ですし。
恒例の方針演説でもしときまひょかね。

あ、風邪ですか?
だいぶよぉなりました。おかげさんで。
年末年始、ホンマにずぅっっと寝とりましたハイ。

まだ若干、鼻声ですけど。
欲云えば、行が始まる前に完治したいとこですが無理っぽいすね。

そやけど、寝込んでて一歩も外に出てへんかったおかげで
随分と、今後の企みに策を巡らせることが出来ました。
これも神仏の思し召し。この正月はどっこも行かんとよぉ考え!
そーゆーことやったんやと思います。


方針演説2012
まー、基本的には今まで幾度とさせて貰ぉてきた方針と何ら変わることはおまへん。方針とは企業を船団で例えるならば、船長が示す果て無き航路であり羅針盤であり、信じる道のりであります。

それがそないそーコロコロと変わるようでは、船員たちはたまらんでしょう。戦略・戦術は構わんのですよ。翌日いきなり変わったかて。指導者は突如として、お告げのようなものも受けるもんです。

方針は信念の如く、根底は不変なもの。
ブレる事なく微動だせぬ、不動の思い。それが信念でありましょう。


本年より今後、私が展開する事業の全ては社会貢献を目的とします。
その根幹は公益事業であります。公益事業とは主に、「学術、技芸、慈善その他の公益に関する事業であって、不特定かつ多数の者の利益の増進に寄与するものをいう。」と定義され、23事業が列挙されております。

私はそれらに留まらず、日本国内は無論、世界へ向け広く多人種・多国家・多信教の人々に至るまで、一人でも多くの悩み・苦しみ・痛むものたちの力になりたい。

亦、同時に、権力を世のため人のために使わず、私力を我が物とする愚か者を導き教化し正す事。いつの世も弱き民とは、愚かな権力者の犠牲者である。悪事制裁、弱者救済を同時併行しなければ、トライアングルの底辺に住まう、絶対多数の弱者全てを救いきることは不可能である。

何故なら、悪政などに因って飢餓に苦しむものを、例えばNGOがただ支援しても、翌日には次の犠牲者が出ることを、権力者たちは何ら厭わぬからである。自分の家族以外に心痛めることを忘れた愚か者たちを導くことこそ、単に我が国の生活水準以下の貧困層を救うことより遥か難行であるが故に、これもやらねばならぬ。

英知を集め、マンパワーを集約し、多くの人の思いをひとつにする。確かにそうすることによって大きな力が生まれ、奇跡や感動を呼ぶ。私は東北各地でそれを目の当たりにしてきた。著名人たちは瞬く間に人とカネを集めた。あれぞ、ネームバリュー・ブランディングの最たるものだった。ヒト・モノ・カネを集めるには集客力。戦略がこそがモノを云う。

だが、今の私は仏道家。集客は得意だが今後、事業を再開するにしても以前と同じようにはいかない。"仏の道を歩むもの"のスタンスは崩さない。従って僧侶の本懐、本当の布施とは何か?が少しでも見えておれば、「あれやります。」「これやりました。」とは人様に云えない。だから具体的なことは、今もこれからも云えない。

ここが難しいところで、何をやってるのか皆目世間様に伝わらないようでは、歓喜天聖徒として悪鬼も亡者も導く伝道のお役目を果たさず終いになる。そこで今後は、ティーザー画像のようにチラ見せしていく事になろうかと思う。無論、事業が本格化すればお伝え出来得る部分で随時、ご報告していきたい。


うぅ、、、
今、原稿を起しながら横目で『おくりびと』を観ていたら、それだけで泣けてしまった。CMになってもまだ涙が頬を伝う。他人事ならば、こんなにも心が痛むようになれども、私個人には今、死なれて泣ける相手がいない。それは私自身が誰も命がけで愛してこなかった事への罰であろう。

こんなまだまだ修行足りぬ拙僧では御座いますが、寛大な皆様にご容赦賜り、本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

聴いて成る程と頷く。
然れど、やるが難しが仏の教え。

行は行動、実践あるのみ。行じてこその仏教道である。
我がゆく道に曇りなし。

それではまた。
本日もおおきに。
ご高覧に感謝致します。

全世界が核廃絶し兵器を捨て穏やかな日々が訪れますよう
全人類が共に尊み共に助けあい共に仁慈愛し合いますように
We have to do The Rapture Pure Land construction.

感謝合掌 北斗法蓮