0530 起床
   榊・仏花・神水の水と、聖天様の御神酒を交換
   *蛇口をひねれば、まず聖天様の神水から
   *洗顔を先にするが、別の水道で行う
   *榊は神棚、台所の普賢三宝大荒神様
   *神水は聖天様、神棚、大黒大神様、荒神様、龍神様
   ↓
   炊き立ての御飯をお供え
   *これも一番先に聖天様の器によそる
   *御飯は他にご先祖様、三面大黒天様、愛染明王様
   *また、それぞれに熱いお茶を入れる
    (聖天様のだけは先に湯銭しておく)
   *水子には砂糖入りのホットミルク

平時のお供え

0600 勤行

0710 弁当を作る

0730 支度する

0750 出勤

2230 帰宅 *食材が不足してれば買いモンして帰る
   お供え 勤行

2330 晩飯を作る喰う
   たまに弁当の仕込み(惣菜)
   洗いモン片付ける 米を磨ぎセットしておく
   翌日のコーヒー用の水を入れておく(朝一使えない為)
   晩飯・弁当用の肉や魚を解凍しておく

2400 沐浴

2500 就寝


・・・・・・
こんな毎日ですわ。

休みは基本的におまへん。
水曜日だけは、朝から昼過ぎぐらいか或いは午後いっぱいか。
そんな感じですわ。先日は8月以来、床屋に行きました。

実際は正直、毎朝キチっと起きられてまへん近頃は特に。勤行の内容自体を端折るワケにはいかんし、出勤も遅刻するワケにいかん。そやから寝坊したらその分、100%後ろへずらします。

残り15分程度なら弁当抜きに、30分以上なら弁当抜き+中断したお経の続きを移動中の車ん中でやります。私はクルマ乗るとじきにタバコに火ぃつける癖がありますが、それも終わるまで我慢我慢。←当然、コーヒーもロクに飲めてへんので、こんな日はかなりキツイです。


むかしむかし大昔。
私がまだ朝飯を喰う人間だった頃。

自分で女房よりも先に起きるなど論外中の論外。
コーヒー落とすのは無論、朝飯が出来てから起こさせてました。

然も気に入らない朝食だと作り直させる始末。
当時の女房が今の私を他言で知ったら、まず信じないでしょうね。


さてさて

勤行の後半にある、聖天様を中心に諸神諸仏の真言を唱える部分では、運転しながら(然も多少飛ばし気味・・)では危ないので、数珠を爪繰ってられまへん。そやさかい、千遍で10分と決めて唱えております。

つまり、聖天様の真言だけでも10分かかるので、通勤時間30分で終わることもありますし、週末で道が空いてたりすると会社に着いてもまだ終わらず、駐車場で合掌したままやってることもあります。歩行者はヘンな眼で見てたりしますが。


晩行についても、仕事の合間に妻沼方面へ行けた日は直接、本堂でのお参り内容を晩行と同一にします。妻沼聖天では朝参りの次第以外、生駒聖天や待乳山聖天のように経本がありませんので割りに自由にやらせて貰ってます。ただ・・

妻沼は本堂内で祈祷が随時あるので、(今は年明けで特に多い)祈願者が来られたりした時は一旦、中断させて頂き本堂の外へ出て立ったまま続きをさせて貰ってます。

生駒聖天や待乳山では、行事日以外は基本的に自由に本堂で勤行出来ます。複数の方が同時に読経する状況なので、声を出さずに皆黙々とやってる風景が常ですが、妻沼では前述の祈祷のせいか、どなたかと重なったことはありません。

だからいつも伸び伸びと、声を出して読経させて頂いております。然もだ〜〜れも居らんので、御厨子の目の前に座すことも出来ますし、その点ではたまに遠慮しなきゃの場面に遭遇しても、私は妻沼での読経が好きですね。


また、妻沼聖天ではいわゆる、一般的な社寺仏閣の行う祈祷もありますが、浴油祈祷をお願いすれば浴油期間に関わらず祈祷して貰えると思います。

思いますってハッキリせんですんまへん。
最も短いのが一日と云うのがあったと思いますが依頼したことがないので確かではありません。三日以上では確実です。


そやけどあきまへんな。

朝行も晩行も、クルマん中でやったりしてまうと、"間に合わんかったらそないしたらええねん" となってしまいがちですわ。
それがやがて故意的にやればその分、時間を他に使える。ゆっくり朝コーヒー飲める、モーニングサテライト観れる、夜も少しは自分の時間を持てる、読みたい本も読める・・って。

あきまへんな。これじゃ。


あ、いやいや
皆さんは宜しいんでっせ。

そやさかい、今回こないな記事書かせて貰ぉとるんです。
生駒に長年通ってはる人でも、朝時間がないさかい、通勤電車の中で勤行させて貰ぉとるんです。と仰る方も居りました。

それでええんですそれで。
それでも信心してる事には変わりないんです。全然せんよりナンボかマシっちゅうレベルとちゃいまっせ。まーええや今日一日ぐらい、しゃーない時間ないんやし、って。これはあきまへんで。

例え仏前に向うんが時間のぉて朝一瞬でも、合掌して「すんまへん、今日は車で(電車)やらして貰います!」と出勤すればいいんです。要は形式儀式に拘らず、常に怠らず、己の中の仏性と向き合うっちゅう事自体が大事なんですから。


そやから、皆さんはいいんです。
私はあきまへん、皆さんよりも遥かに堕落しがちな人間なんで。ドンドン要領を得て、今よりええ加減にならん内に何か手ぇ打とぉと思ってます。ナンかせなアカンなんか。ここいらで。

昨年、5月よりやらせて頂いてきた俗世の修行。
三ヶ月のウォーミングアップを経て、9月より第二弾として、過激さを増し今に至ります。が、何事も慣れてしまえば微温湯(ぬるまゆ)になってしまいますわ。決して私は染まりはしません、諦めも萎縮もしません。が、慣れは恐ろしいもんです。期待して、そして裏切られても、募る思いを深めて、裏腹に連れず心が虚空となっても。此の世に慣れぬものなどありません。

生きる道と決めた仏道修行中とは異質の気遣い。経歴や本意を伏せた故、何もかも思いのままにならぬ、イチイチ指示を仰がなければならない大組織の中で、かつて天辺を張ってきた立場とは間逆の地位。これがもう何ちゅうたかて、最初は死ぬほどダルぅてダルぅてしゃーなかったです。それでも組み伏せずまま慣れてまうもんです。


アカンアカンアカーーーン!ぬるい!甘い!
ナンか最近アカン、自分が気に入らんです。
まだまだ自分が残っとる、まだまだ捨て切れてへん。

よっしゃ!公言しますわ!俗世修行最終章。
更に更に過激に自分を徹底的に追い込みまっせ。



オイオイオイ!
黙って聞いとったらオマエ啖呵切っとるけど
今でもだいぶいっぱいいっぱいなんとちゃうんか?

ホンマはちょっとな・・

大丈夫なんか?

大丈夫やあれへんw

そんでもやるんか?

やるしかないやろ。やったるやんけ。
おぉ上等じゃ!逃げるんやないで、
立ち向かうんやっちゅう事を証明するんや。



すいません、
法蓮の独り言でした。気にせんといて下さい。
また折り見てご報告差し上げまっさ。


★伯耆さん!
毎度毎度です。いやはや、伯耆さんのコメントはもはや
私のブログの記事と同化してますんでw、
今後ともどうぞご遠慮のぉバンバンお待ちしております。

あ、ピースは比較でも何でもないですよw
帰宅すると、まずテーブルの上にタバコをぶん投げるんで
そんときにたまたま撮った写真ってそれだけです。

★soumariさん!
お久♪お元気でしたか?
いつでもレシピお教えしますよー
法蓮三分クッキングは、まだ当分お休みです。

★今生駒の住人、元妻沼の取子ですさん!
初めまして。イロイロよくご存知ですね。
今度また是非、ご教示下さい。
次に袋町へ出かけたら、今度はゆっくり参詣して
書かせて頂きたいと思います。有難う御座いました。

★音羽さん!
何気にツィッターで法蓮をつぶやいてくれてありがとね。
ル・・やばいやばいw おかげさんで無事断食は終わりましたよ。


皆さん、いつも有難う御座います!!

写真はいつものtokotyan2さんから。
年の瀬から咲き出す、新春文字の如く可憐な花ですね。