今年四月下旬ぐらいかと思いますが、・・
ようやく観音経・長行(じょうごう)を、暗誦出来るようになりました。偈文は随分前から覚えておりましたので、これでやっとこさ観音経全文制覇ですね。

観音経・長行(じょうごう)は非常に長いお経です。然し敢えて、特に覚えにくい部分をピックアップして、ピアノの練習のように繰り返し徹底的に覚えるといったやり方ではなく、ただ毎日一座だけ(あとの座は偈文のみ)読経し続けて、おおよそ一年ぐらいかかりました。

気合入れてアタマに詰め込むような暗記方法やなしに、自然に毎日読んでおったら勝手に覚えられるっちゅうのを今回実践してみました。皆さんの中には私よりも、きっともっと早く覚えられる方が多いでしょうから、是非おやりになってみて下さい。

以前、観音経全文和訳を書いてきましたが、少々お浚い致しますと、観音経は正式名を鳩摩羅什・訳(くまらじゅう・やく)『妙法蓮華経観世音菩薩普門品(みょーほーれんげきょうかんぜおんぼさつふもんぼん)第二十五』と申します。

なっがいし、番号入っとるとなんやクラシックの曲名みたいでっしゃろw。

長行(じょうごう)とは、『爾時。無尽意菩薩。即従座起。偏袒右肩。・・』で始まる、散文体としての前半2/3の本文を指し、偈文(げもん)とは、『世尊妙相具。我今重問彼。仏子何因縁。名為観世音。・・』で始まる韻文体の後半1/3の応頌(おうじゅ)と呼ばれる詩の部分を云います。

一般的に寺院で配布される経本に記載されておるのも、多くの信徒さんなどが詠まれるのは、この偈文部分であります。そのため、中にはこの前半部分を知らない人も沢山いらっしゃいます。

が、日本二大聖天の生駒山・宝山寺と待乳山・本龍院の経本には、どちらも観音経全文が記載されており、私たち聖天信仰者にとって、観音経が非常に重要視されるお経だと云うことが窺い知れます。

そう云うたら、大黒天神経もナンや知らん間に暗誦出来るようになっておったと以前書いたような気がします。観音経は大黒天神経より遥かに長いですが、理屈で言うたら般若心経が覚えれたら、それが2番3番〜10番まで楽曲があると考えると、どんだけ長ぉても覚えれんことはない筈ですさかいね。


本来お経は、経本の文字を見ながら読むとされとります。そのため私も月に一度程度は、暗誦しなれたお経でも経本を開いて文字を追うようにしとります。そうすると、また改めて文字から経典の意味を味わうことが出来ます。

実際は皆さん毎日お経を読んでおると、こんな風に変化してゆくんとちゃいますかね?

最初は字ぃ読めん、しどろもどろ

ふりがなを見ながらたどたどしく

漢字だけで読めるようになる

意味を噛み締めながら読めるようになる

字ぃ見てるようで見てへんでも読める

手元に経本を置いてはいるが一切見ずに、
スラスラと唱えながらページだけをめくる

こんな感じとちゃいますかね?
ページの端と端を覚えとくと、頭ん中でページをめくっておけば、いざド忘れして詰まったときでも、そこだけ目を伏せて確かめることが出来ますさかいね。

暗誦が出来ると、常に経本を持ち歩かなずに済みますから例えば、巡礼や参詣の予定なしに出かけたときでも、バッタリいいお寺に出会ったときでも、いつでもどこでも読経出来ます。お仕事で朝が忙しくても、通勤中にクルマん中や電車の中で暗誦出来ます。私も間もなくそんな毎日となります。

実は最後んとこまでイッってもぉて、更にその先、全く詰まることなく諳(そら)んじることが出来るようになると、今度はナンか考え事しとってもスラスラ読経出来るようになってしまいます。

即ち、右脳で読んでおると左脳で雑念を思考出来るようになります。ホンマはアカンのですけどね。例えば私やと、『あー今日、買いモン行かんとアカンのぉ〜・・◎◎が足りんかったな』『そういや、猫にエサやったかの?』『晩飯何するかのぉ〜確か、鶏ももが残っとったなぁ・・』みたいな。

まー今はご存知の通り主夫なんで、考えることっちゅうたらもっぱらこんな程度ですがw。(お陰さまを以って、次の修行のため間もなく主夫引退しますが)

見た目には真面目に読経しとるようでも、アタマん中で要らんこと考えとってもスラスラ読経出来てまうっちゅうのが、唯一デメリットと云えばそうかも知れまへん。


観音経は全文で2062文字、偈文が大体500文字ぐらいですから長行は1500文字ぐらいでんな。般若心経が278文字ですさかい、ざっと10倍近い文字数です。

余談でっけど・・
般若心経の文字数は、264文字、266文字、とか色々書かれて混乱しとる人居てはるみたいですが。

正直云うて、文字数なんぞどーでも宜しいんでっけど、
ここらでハッキリさしときまひょかね。

中身が262文字、
最後の『般若心経〜』が4文字。これで266文字。
題目の『仏説摩訶般若波羅蜜多心経』が12文字。
ほんで278文字。っちゅうことです。

読経するにせよ、写経するときも題目も全部書きますし、唱えるんですから278文字が正解です。そやけど、そんな事を質問するヒマあったら心経一巻でも読経するか、写経した方が功徳を戴けまっせw。どーでも宜しい。


私も朝の勤行一座目は、観音経に関して全文を読経しとります。夕方、深夜の二座三座目は、偈文のみ唱えとります。これで現在の勤行中、全てのお経を暗誦出来るようになり申した。略称でざっと書くと・・

◎般若心経
◎大黒天神経
◎明王陀羅尼愛染経
◎観音経
◎十一面観音陀羅尼経
◎大聖歓喜雙身天使呪法経

この他に比較的短いお経が、
◎理趣経百字の偈
◎弥陀讃
・・・

2008年12月の記事、お経を暗誦しよう!(お経の覚え方・暗記方法)から、増えたお経と云うと、今回の観音経・長行と愛染経だけですが、矢鱈と一日に読むお経増やすんもナンですしね。

聖天信仰者で居続けるなら、外せんお経だけ読んでおればいいと思います。あなたがあなたの出来る範囲で一生懸命に聖天さまと向き合っておれば、必ず聖天さまは導いて下さいますので。ナンも心配いりまへん。


本日もご訪問おおきに、
ご愛読有難う御座いました。


感謝合掌
北斗 法蓮 百拝