何よりも健康であることへの感謝が大事でっせ。

毎朝の勤行時、
聖天さまと向き合い、まず初めに申し上げるのが感謝の意です。

『本日も五体満足、斯様に生き永らえさせて賜りました。誠に有難う御座います。』
『さらば畏れながらこの命、この魂、この肉体の全てを以って、尊天上様のご意向に適うよう、今生は元より来世もいや未来永劫、忠義誓い御遣え申し上げたく存じます。』
『本日も何卒、宜しくお願い申し上げます。』


8月6日でしたか・・
朝起きたときに、いつも以上にそない感じました。

なんでか分かりまへん。
そやけど、そない感じたんなら皆さんにお伝えせんとってね。


どない生きるとか、ナンの役に立ちたいとか、
なんやかんや大義を掲げる前に、朝を迎えられたことへの感謝。

云うときまっけど、・・
朝起きられるっちゅうのは、当たり前とちゃいまっせ。

もしかしたら、・・・
いきなりテポドンが飛んできよるかも知れんし

阪神大震災かて、
明け方に地震来るって分かってた人いてはらんでしょ?

広島や長崎の原爆、
落ちてくんの眺めてた人、いてまへんやろ?

仮にいつも通りに起きられても、
なんや具合悪いなと病院行ったら、末期がんです。

有り得んことおまへんねんで。
有り得んと思うことが有り得んのです。


そやからね、
まずは何よりも健康に感謝しましょう。

病気したら、自分だけ苦しいんやあらへん。
家族にも迷惑かける、会社してたら社員にも株主にも。
勤めてても同僚にも、貴方に信頼寄せるお客さんにも迷惑やし。

人は生き死にの大病すると、生まれ変わることがあると申します。
嫌いやったモンが好きになったり、好みが大きく変わったり
見えんモンが見えるようになったり。感受性が高まったりね。

それはそれでええ経験かも知れんけど、
出来れば大病せんでも、そない自分を見つめ直して
対極にあるものもまた、それぞれの存在に意義があると。

即ち、空であると分かればそれに越したことはおまへんやろ。
大病なんかせんでもそれが見えてくる、それが仏教です。


仏教を学ぼうとして、誰もがまず出鼻を挫かれるのが
この空とは何か?と云う、壁です。

真面目に取り組めれば取り組むほど
空を文字や言葉で学ぼうとするほど
ワケが分からなくなりますでしょう。

あれを読んでもこれを読んでもワケ分からん。
もっと分かりやすぅ書いてはる人はおらんのかと
探しても探しても、余計にワケ分からんようになる。

私もそうでした。
空は何たるものかと云うのは、ヤクザの理不尽な理屈の方が
まだスジが通ってると頷けるほどワケ分からんもんです。

でもそんなんでメゲル必要も仏教を学ぶことを
挫折することもせんでもええんです。

分からんかったら分かるまでほっとく。
これが一番。分かろうとせんでもええんです。

そしたらその内、実感してきます。
あぁ、これが空なんかと。そや!これが空なんやと。

空は本来、そのように仏道を歩きながら
常々実感体感してゆくもんやと思います。



さて、おかげさんで今回の塙を以って、このブログも600回。
ここまで続けられたんも、一重に皆さんのおかげで御座います。

ホンマにおおきに、おおきに。
有難う御座います。



本日もご訪問おおきに、
ご愛読有難う御座いました。


感謝合掌
北斗 法蓮 百拝