ええねん ええねん
ナンも無理せんでもええねん

気ぃ抜くときは気ぃ抜きや
無理したらアカンで 無理したら

もうちょっと出来るやろ
もうちょっとイケそやな

そない思うても・・

ちょっとでも
もう止めたいな・・ホンマは
もう休みたいな・・ホンマは

そない思うんやったら・・

無理せんでええねん 無理せんでも

自分にプレッシャーかけ過ぎたらアカン
自分を追い込みすぎたらアカン
自分で何でも背負い込み過ぎたらアカンで

無理せんのが続けるられるコツ
続けられてこそ 見えるモンよーさんある

無理せんでええやん 無理せんでも

頑張り屋さんほど 無理するモンやねん
頑張り屋さんほど 限界も高い

そら ええこっちゃねんけど
限界高い分 超えた時に一気に来る

一生懸命やってんのに 破綻する企業
大体 生真面目で頑張る社長さんが多い

ナンで真面目に頑張るのに破綻すんねん?
そら やり方悪いねやがな

真面目に一生懸命やるだけで儲かるほど
企業経営は甘いことおまへん

ま そんな話しは今回 さておいて

続けなアカンで 続けやな
無理したらアカン 無理したら

無理したら
身も心もボロボロんなってまうで

急がば回れ って云いますやろ?
ゆっくりしなはれ ゆっくり

急がなアカンっちゅうはただ一つのときだけ
善は急げ って云いますやろ?

善い心がけを人様に施そうとするなら
言葉でも 行動でも 態度でも 笑顔でも
それは躊躇せず モジモジせず さっさとやりはなれ

それ以外はゆっくりしたらええねん

そんな余裕あらへん?
なに云うてまんねん?

余裕ない時こそ
余裕かましなはれ

回りに心配もかける 迷惑にもなる
無理はアカンで 無理は

但し

ときどきでええから
たまにでええから

ここまで頑張ってみよかな今日は
今日はナンかええコトあるみたいやで

そんな時は頑張ったらええ
そしたらいつのまにか思い出す

あぁ あん時はあっこまで頑張れたんやと
きっといつか その記憶が役に立つときが来る

自分だけでもええ 自分だけが知るその実績が大事やで

人を頼ったらアカン 家族を頼ったらアカン
一番頼れるのは自分やと 胸張って云おう


"この世で自らを島(灯明)とし、自らをよりどころとして、他人をよりどころとせず、法を島(灯明)とし、法をよりどころとして、他のものをよりどころとせずにあれ"

『大パリニッバーナ経/涅槃経』
第二章 旅に病む――ベールヴァ村にて

お釈迦さんの有名な言葉でんな。
辞世の句に近い。

お釈迦さんは元来、静かなお人で大勢の人前で話したり、教団の指導者であることにも抵抗を感じてはったでしょうし、増して教団を拡張して世界を席捲しようなどとは考えてはれへんかったと思います。

これに端を発し現在まで連綿と系譜するように、仏教教団のあり方は、師に絶対服従するような関係と違ぉて、あくまで個人・個体が独立した歩みをする中で育まれるもんです。他宗教との大きな違いの一つでんな。

「親鸞は弟子一人ももたず」
師も弟子もない 私よう云いますね
人みなわが師なりと。

人も師であれば 自分自身もまた自分の師であると

年金制度も破綻の一途を辿ってます。今後益々、自助努力による老後の蓄え備え収入財源の確保の必要性が高まってゆくでしょう。

今のうち
今のうちでっせ

もっと自分を慈しみ
もっと自分を強く鍛えていきましょう

心も鍛えられます
心(しん)の臓と云うぐらいですから
きっと筋肉で出来とるんでしょうw

だから鍛えれます
でもだから疲労もします

そやから無理せんと行きまひょう
大事なんは 確実に前に進むこと それを続けることです


感謝合掌
北斗 法蓮 百拝


こころさん、ジャガーヌさん
コメントおおきに有難う御座いましたー!!