13日の明け方のこと、
皆目、眠くならんのでどっか行きたくなりました。

(海見たいのぉ〜湘南まで行くか?)
そない思いましたが、吉方位を見るとその日は北西。

我が家から北西には榛名山があります。しかも、ま北西。
能ぉ考えたら、例の寺院建立候補地の視察においてまだ、
北側の山手部分の隣地境界が未確認やったんを思い出し、

(そうか・・、これを先にやらんかい!)
(っちゅうことでんな?、聖天様。おっしゃ榛名にするか!)

未だ無明の闇路明け切らぬ暗い道を、
私は榛名山へ向け走り出しました。


何かに駆り立てられるように、
箕郷(みさと)町の峠を激しく攻める。

日中、高崎ではあんなに暖かな陽気だったのに
道路脇には、モコモコと雪が折り重なっている。

(箕郷でこれじゃ、もっと標高の高い榛名はヤバいかもな・・)
(スタッドレス履いてるから平気か?・・)

(いや、平気じゃねーし。雪嫌いだしw。)
(せめてフリーランダーがあれば・・)

(ってかスタッドレスでこんな飛ばしたら山なくなるし・・爆)

などと一人で笑いながら峠を上り続けて・・
あ、そうそう。先日テレビで、あさりちゃん?
何や漫画の作者にインタビューしとってね。

「書きながらご自身で笑ってしまうことって無いんですか?」
と云う、インタビュアーの問いに
「それはないでしょう。変でしょそれは」と答えておりました。

私は、「えぇ?」と思いました。
私はブログ記事の構想をアタマで考えとるだけでも
一人で結構ぉゲラゲラ笑ってます。ヘンですかね?

そんとき思いついたオモロイ言い回しなんかが、
時間経って記事にしたとき、おんなじように反映仕切れんときは
反って悔しいぐらいですがね。


100_7905


箕郷の峠を下り終え、榛名湖畔へ。
傍にある、公衆トイレの駐車場はこの通りの雪景色。

(うわマジ?・・大丈夫かのぉ。まええわ、行くしかないやろ)
なんせ雪道嫌いなんで、ちょっとビビりながらw
ぐいぐいと山頂を目指しました。


100_7909


道路は平気でしたね。
然し、目的地の隣地境界は右脇に見える雪のど真ん中w


100_7913


裏山の登山道から反れた場所から
隣地境界へ向かったので、この通り道がありまへん。


091213_0656~0001


例のトゲトゲ雑木がワンサカ歓迎してくれまんので
グサグサ刺さって朝っぱらからムカついて

「このガキャ!このガキャ!」と格闘してましたw


100_7916


帰り道は群馬の鎮守・榛名神社に参詣。
神仏分離までは、千手観音を本尊とする満行宮・榛名寺と云う寺院でした。10世紀初頭から妙音綿々と現代に続く太古の社寺仏閣です。岩肌にモロに食い込んだ本殿、切り立った断崖の脇道。

ここも例に漏れず、いにしえの山岳信仰や
雑蜜(ぞうみつ)修験を、色濃く残す場所のように感じます。

大サービスで能ぉけ写真撮ってきたんで
ご興味おありの方は、こちらをご高覧下さい。

高野山に匹敵するほどの杉の大木が乱立する境内。
あ、私ね花粉症なんですよ過度の。しかも杉はマックス反応。
にも関わらず、高野山もそしてこの榛名山も全く平気・・
なんは何故でしょう。


眠らないまま明けて14日。
とうとう44歳になりました。

だいぶ前の記事に、私にとっての運命数は44だと書きました。
その44になった今、次の12月13日までのこれから一年間。

見た目はそのままでも、中身全身フルモデルチェンジしたような
そんな思いのまま今朝の勤行に勤しみ、聖天さまへご拝謁。

この一年、これからの一年が勝負どころ。
不退転の決意を新たに、聖天さまに祈念祈祷の中、
天地宇宙からのエネルギーに満ち満ちてゆく自分を感じました。

まだ年末年始のご挨拶には聊か早ぉ御座いますが
44歳の私にとっては、本日が元日なり。

誰にとってもただ一度きりの44歳と云う一年間。
我が運命数と合致するが故、優曇華の華の如く受け止めし未来。

この一年、皆様のおかげを以ってやってこれました。
またこれから一年間、恐惶万端ひきたって何卒宜しゅうに。



本日もご愛読、ご訪問
誠に有難う御座います。

毎度おおきに。


感謝合掌
北斗法蓮 百拝



誕生日メールなる、雁の玉梓を賜った方々
本当に有難う御座いました。

究極は・・



やっぱコレかなw



The Ultimate Birthday gift..

Special Thanks!

Amenber or Password holders
only can Browsable,sorry.

Please comment if you want to know the password.



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。