【ご挨拶】
冠省 毎度おいでやす。皆さん、こんにちわ。
本日も神仏のえにしに導かれし希有なご訪問、心より感謝します。
おおきにおおきに。有難う御座います。まぁゆるりと茶ぁでもしばいて下さい。

私は北斗法蓮。全開バリバリ多欲不足の愚坊が魂を投げるエッコラムへようこそ。
さぁ今日も必要以上にありったけ元気に、第443稿どどーーんと発射しまっせぇ!
So just come'n joyinus! Here we go!!


090806_0028~0001相変わらず画像ヘタレで申し訳おまへーん。
本日深夜は子の日。大黒天一日千座行の日でおま。
しかも、夜は満月。最高のパワーディ!満ち満ちる!

画像の手前に見える鍋ん中には既に、黒豆を戻してあります。
これを一昼夜ゆっくり戻して、明日煮込んでお供えします。

大黒天一日千座行は、大黒さまの子の刻に合わせて修する行です。
幾ばかりか前に丁度、行を解いたトコです。子の刻とは0時〜2時、又は23時〜
1時。即ち一日の始まりですね。
刻入りが23時か、0時か両論あるらしいでっけど、そんな議論にいちいち首突っ
込まんでも、双方に共通する0時〜1時の間にやったら間違いおまへんやろ。
暫らく伺っておりませんが、妙義山中ノ岳・大黒神社における甲子祭も23時半ぐ
らいから神殿に移動したんで、0時開始のはずやったと思いますね。

考えたら私、この大黒天一日千座行が、行(ぎょう)らしい行っちゅうかね、それ
に取り組んだ一番初めの行ですね。せやからもう、長ぅなりましたね是も。
甲子祭は60日にいっぺんですけど、子の日は12日にいっぺんですからね。黒豆
は時期外れやと、品揃えもあれへんしその分、高いんで今月は絞らんとアカンのも
あって、ひと袋250gを先ず、買うてきたその日にお供えして、次の子の日が来
たら煮ると。こーゆーパターンにさして貰おうと思うてます。

これやと、大体月に二回買うたら廻るんで、少しは出費も抑えられます。
前回は二袋分、500gをいっぺんに煮たんで鍋は巨大になるわ、とても喰いきれ
んので義母に持たせてあげました。
さてと、そいでは本日後半は法蓮3分クッキングとなります。
ま、お気楽に行きましょうや。


090713_法蓮3分クッキング#76【夏野菜の炒めもん】"090713_法蓮3分クッキング#76【夏野菜の炒めもん】"
う〜〜〜〜ん。。
ハッキリ申し上げて、能う覚えとらんですw。
画像見たら、なんか白和えみたいやしw。

恐らくテキトーな盛り付けに、
テキトーな撮影(って、普段からですがw)
なんで、冷蔵庫整理がてら余りモンで作ったかと。
ニラ・きゅうり・人参・ミンチ。たぶん。
味付けは・・オイスター・・? たぶん。
以上ですw。


【ちょっと一服。・・】
この法蓮3分クッキングで、いつもご紹介しておる画像は、
LiveDoor Pics っちゅう、画像を整理できるトコへ、一旦
アップしたモンを引っ張ってきとるんです。

いつものように必死で整理しとったら、ナンや知らんけど
ふと、自分のページの下の方に、【この写真に関連するオ
ススメ写真】っちゅうところに、見事な蓮の花がワンサカ
紹介されておったんです。

私は滅多に人のサイトを覗きに行かんのですが、(←今は特にね、インプット遮断
中やさかい。) ついつい、ネオンに誘われるままがようにw、フラフラへらへら
酔いどれ足で行ってみますれば、そらもう〜美しい!としか云いようのあれへん、
夜の蝶よりも美しい花々の写真がようけありまして。

私は滅多に人にコメントせんのですが、ついつい、《素晴らしいです、有難う御座
います。撮影も非常にお上手で。》とコメントしてしまいましたw。
そんな、tokotyan2さんのアルバムをぜひご紹介させて貰いとぉてね。それが是で御
座居ます。
【夏に撮った花】。因みにこの画像も彼のアルバムから無断拝借してきました。
直リンしとるんでご勘弁ー。御蔭さんでブログも艶やか満開ですわ。
もう画面めいっぱいにビビットな艶やかで、まるで植物園におるような気分に浸れ
ますよ。いっぺん行って観て下さい。



090713_法蓮3分クッキング#77【大人の韓国やっこ】 090713_1417~0001

ちょっと画像が暗ぁて能う見えまへんな。
法蓮の大好きな逸品、韓国やっこでおま。

近所の韓庭(かんてい)っちゅう、韓国料理の居酒屋に年中行っとった頃、必ず注
文してたヤツです。あっさりしとって美味いでっせ。ま、冷奴やからアッサリしと
んの当たり前でっけどw。

何入れたんか詳しくは忘れましたが、ご覧のようにまー、コチジャンとかキムチの
素とか、ヤンニンジャンとか・・あと、白胡麻に卸しニンニクとかね。
こいつらを酒と醤油で和えたら終いですわ。上からキュウリの細切りやキムチ、刻
み海苔かけると美味いでっせ。これは多分・・三つ葉ですかね。いや、三つ葉は滅
多に買わへんし・・水菜かの?・・分からへん、忘れましたわw。


090714_法蓮3分クッキング#78【ご存知★BLTサンド】皆さんも知ってはりますよね、BLTサンド。
ベーコン・レタス・トマトのサンドイッチです。

これももう、お決まりっちゅうか、定番中の定番っちゅうか、
ベーコンだけは、どないしても厚切りでいきたいトコですね。

トマトも能うけ義母から貰ぅたんで、いっつも使わして貰ぅてます。
ええモンですね、やっぱし。モチロン無農薬やし、自然栽培やし。
当然、運搬傷も陳列傷もなく。味も大変美味しいトマトです。
有難う御座いますいっつも。お義母さん。

まー兎に角、ただのサンドイッチですから。
厚切りベーコンじっくり焼いて、辛子マヨでもバジルでもオリーブオイルでも、テ
キトーに味つけて貰ぅて、ガップリと行ってもうて下さい。
美味いでんな〜こーゆーのホンマ。食パンは焼いた方が合いまっせ。トマトはペー
パーで能う水気取って下さいな。


090714_法蓮3分クッキング#79【御馳走★あらびきビーフコロッケ】美味い★ウマい★上手い★w
是、本当ぉーーーーーーに美味いっすよ。
牛肉ガーガー入ってるし。めっちゃ肉塊ジューシー★

肉は別に高いモンなんか使いまへん。
いつもの g/98円オーストラリアビーフでおま。

このじゃが芋も、また義母がどっさりくれたんで。
お隣さんにお裾分けしたばっかしやっちゅうにw。

まだ残ってますけど。
玄関にどっさり。どないすんねんアレw。

芋ばっかり食うてられへんしねぇ〜どないしょホンマ。
近所そこら中に配り歩くかの?

「奥さん、芋どないでっかぁ〜」っちゅうてねw。


090714_1829~0001 090714_1832~0001 090714_1837~0001 090714_1850~0001 090714_1852~0001 090714_1908~0001
【御馳走★あらびきビーフコロッケ】☆レシピ☆
1.じゃが芋皮むき。 肉は赤ワインに漬け込んでおく。
安しぃーからやっぱ若干臭みがある。こうしとけば風味も増す。

2.じゃが芋は、どーせ潰すねんから薄くスライスしてボイル。
《覚えてますかぁ〜寒いよ〜るぅ〜 赤ちょーちんに〜誘わぇれて♪♪♪》

・・じゃなくて、野菜の茹でかた。
じゃが芋は青く(緑色じゃ)ないから、水から茹でる。でしたね。
茹でるときに、塩もちょいと入れて下され。

3.この間に、牛細切れ肉を二本の包丁でたたっ切る。法蓮二刀流〜。
両刀使いじゃないよw。法蓮はバイじゃなく、ずっとストレート。
この先ぁ〜どーなるか分からんが(爆。 諸行無常だし。

4.気分良く充分に、たたっ切ったらセルポアブラ。
ブラックペッパーも、法蓮はミルを最大にして超あらびき好み。
たっぷりドッサリの投下が、美味さの秘訣!

5.さて一服でもしたら、リビングの出窓でも行って景色でも眺めながら、
「隣の爺ちゃん、畑真剣にやっとるなぁ〜」「まだあの分譲地、客が付かんな。」
「営業は何やっとんねん? ワシに任さんかい。一日で完売したんど。」
などとホザキながら、茹で上がった芋を冷ましつつマッシャーでゴシゴシ潰す。

6.あとは、混ぜてこねて丸めて服着せて(衣ね。)揚げて喰ってお終い。


090714_法蓮3分クッキング#80【くり〜み〜★ポテサラ】  090714_1932~0001

"090714_法蓮3分クッキング#80【くり〜み〜★ポテサラ】"
じゃが芋が多すぎたんで、やっぱしポテサラ作ることにした。

マヨネーズ。皆さんもこうしてやってはりますよね。
チューブから、もう出んようになってからも、キャップから三分の一ぐらいん
トコで切ったら、充分にポテサラ分ぐらいのマヨが残ってま。

今回は、Lさんに捧げたときの生クリームが残ってたのを投入。
野菜類はなんでも好きなの、余ってるの入れて下さいな。

じゃが芋尽くしの晩飯でした。


それでは御後が宜しいようで。蒼々。
本日もご訪問・ご愛読、心より厚く御礼(おんれい)申し上げます。
毎度おおきに。有難う御座いました。皆さんご機嫌麗しゅうに。


南無帰命頂礼大自在大聖歓喜雙身天王
我等尊天様に縋るもの 誰一人として漏れ落ちる者なからん
我等愚俗の邪智たる願いすら 思いの丈のまま叶え賜うは真如の如く明るく
神仏に導かれし物事は必ずや成就せしめんは道理なり

感謝合掌
法蓮 百拝


〜編集後記〜

【マジシャン高橋さんへ】
真言宗系で、《六字明王》信仰と云えば、真言六字密教六水院管長・
下ヨシ子さんですね。公式サイト内、下ヨシ子略歴は【こちら】
私の発心前からテレビで何度も拝見した有名な方ですよね。


幼少の頃より霊能力を発揮、44歳で
大病を患った際に、「六字明王」と
の《えにし》を結び、開眼されたん
ですね。
そして得度〜修験真言宗大本山金剛
寺を経て、自ら2005年には、現在の
私寺を開基建立された。


んですからスゴイですよね。今じゃ熊本本院ほか、京都・東京・石川・熊本に支部
もあって。画像は本院の大神殿ですが、オペラハウスみたいやし400名収容ですっ
て。くっそぉ〜ワシらも負けとれんわい。のぉ兄弟ぇ!
せやけど、44歳っちゅうたらワシにしたらほとんど来年やし、本院建立は53歳んと
きやから、余裕で勝てるで!w。


【橋本さまへ】
初めまして。こんな汗臭いブログに能うこそおいで下さいました。
この度のえにしに心より感謝いたします。

待乳山へ通っておられるなら、↑高橋さんはご存知ですよね?
是非、今度はお声掛けして下されば、マジシャンきっと喜ぶと思いますので
その機会でも御座居ましたら節は、宜しくお願い致します。

> 「自分が迷惑かけた相手の幸福を祈ること」、とありますが、
> これは強い人向けのことだと思います。つまり表があれば裏もあって、
> 裏は「自分を死ぬほどの目にあわせた相手の幸福を祈ること」だと思います。

ほー。・・これは非常に興味深く、また思いがけぬ大変貴重なご意見。
このひと言で、また新たな開眼が得られそうな予感がして参りました。
御意有難く頂戴させて頂ます。お接待(お布施)したいぐらいなんですが、生憎
今、私は人生初の、ど貧民生活を心からENJOYしておりますれば、一銭ピーですん
で、お布施はもうちょっとあとにさしていただくと有り難いです。

どっかのお寺さんとちゃいますよね?同業者?w
そう思えるような、悟りを着いたお言葉に感じますです。私には。拝。

> #法蓮さまは相当お強い方のようなので、
> #そもそも死ぬような目に合わされることがないと思いますが(笑

あははははっ
そうでっか? いや、死にかけ寸前の目には合うてまっせ何度も。
ただ、そこで本人的には【死んでたまるか!ボケェ!】と思うてるんで、
【くそったれがぁああ!】と復活するだけです。
けど、そん時の状況は周りから見たら明らかに、「死ぬやろそれ?もう
死んでるんちゃうん?」みたない状況はありましたよいっぱい。
本人だけが分かってへんだけやと思います(笑。


私は橋本さんが、裏と表される方のが、自分の中では非常に難しかったんです。
それこそ大いなる慈悲の御心ですやろ?私は今までも、今でも、(ホンッマ心足り
んのぉワシは・・)と思うことがあるんです。
どーでもええわい、あんなヤツ。知るかボケ!と思ってまうんですね、すぐに。
コイツはもうアカン思うたら見放してまうっちゅうか、見切ってまうっちゅうかね。
事業時代の冷徹さ名残でしょうが。

【T氏への手紙】と云う、過去記事で語っておるので、読まれておらんかも
知れませんが、即ち、私には【殺すリスト】と云う、怨み辛みの云わば、殺人宣誓
書を心に持ち続けて来たんです。
が、聖天信仰さまのお導きに依って、ようやくそれを焼却することが出来たんも、
ホンマつい最近のことなんです。
今ではその人らも含めて毎日祈願供養させて貰ぅてはおりますが。

まーそーゆー経緯があったんで、私はそっちのが難しいと思うてました。
私には、自分に手をかけた人間の幸福を祈るとは、即ち、完全に許すと云うことに
繋がりますんで。そこまで行くのに、いや別に行こうともわざわざ思うてへんかっ
たんですが、気ぃ付いたらそうなってましたわ。

逆に私にとっては、自らが傷つけたり、迷惑かけた相手を供養すんのに、そもそも
己が悪いことしでかしとんねやから、許すもナンもおまへんでっしゃろ。
まーまた、この辺りの【許す許さん】について、書き留めておる記事も御座います
れば、また機会がありましたらいつでもお立ち寄り下さいませ。
この度は洵に有難う御座いました。


【狐天狗さーん】
ご無沙汰でおま!早ぅ呑みに行きまひょ一献やりまひょうひょひょひょ

> お恥ずかしい話ですが僕もここ最近、日々の礼拝にて己の事のみを考えた
>願文が多かったように思います。

みんなそうでっせ、皆そう、みんな。ワシもそうでしたし。
そらもう、このワシのことやさかい、思いっきりもええとこなぐらいの勢いでガン
ガン願かけてましたし、思うように叶わんと、聖天さますら眼飛ばしましたし。
「ボチボチ、ええ加減にしとくんなはれや。大概にしといて貰わんと、こっちも限
度っちゅうもんがおまっせ」とかね。
言語道断でしょ?聖天さまに向かって本気で脅しかけてんですから(爆。

>
> なぜ今生にて神仏にご縁を頂けたのか…

うーーーん深い!エライ!
それこそ、一番大事なとこやと思いますね。そう己を鑑みるんが。

ハッキリ云うて、そこが分かったらあとは楽勝。
それっくらいの気持ちでいいはずよ♪♪♪って、ケツメイシも唄ってるしw。
頑張りましょう!みんな一緒、みんなひとつ、みんなで行くのが涅槃ですから。


本日も最後までお付合い戴き、洵恭悦至極に存じます。
大儀有難う御座いました。

法蓮 合掌
再見!