冠省
皆さん。こんにちわ。
本日もご訪問、誠に有難う御座います。
この度のえにし(ご縁)に、心より感謝致します。

初めてお遭いする方へ。
私は生涯、人生の歩き遍路・北斗法蓮。 唄って踊れて料理も出来る。
おまけにBusiness management軍功抜群のスーパー坊主。

元・事業家、そして元・外道だった私が、勝手乍ら独断毒舌でお話しをさせて戴き
ながらも、この地球の未来を支える子供たちに、希望の光明と為るべく仏道のイノ
ベーションを目指す、それが本稿【心を洗う神仏とえにしの旅】なるエッコラム。
それでは、第434稿の始まり始まりぃ〜。


090727_0920~0001それにしても・・洗面所の床が中々キレイにならない。
自分もドしぶといが、コイツも中々性根を据えているドしぶとい餓鬼
のよう。どうしても濡れた足で歩くトコだし、ウチはトイレと併用場
所だし、水垢やらナンやらで相当汚れているようである。

つい先日、このWorkに着手する以前も、毎日床磨き
はしていたはずなのに、この作業に入ってから思い違い
をしていたことに気付いた。

やればやるほどに、ブルーのフローリングがこんなにも元の色と違うのか?
と驚くばかり。ダイニングの床も然り、ずっとこんな調子できてるから、普段は
「あーこんな色なんだ。」と錯覚していたワケである。

言い換えれば、今までのは床磨きではなく、ただの床拭き?だったようである。然
しそれでも、女よりも好きなクルマをも、ただの一度も自分で水垢取りどころか、
ワックス・洗車すらしたことがない男が、今こうして懸命に汗を流し床磨きをして
いる。
周知の通り、私は別に家内に謙(へりくだ)っているワケではない。増してや罪滅
ぼしをしているのでもない。そんなモン感じるくらいならハナっから何もやってへ
んがな。ねぇ?。

経済的な負担を強いらせている負い目?まさか。
それも現在一時的なモンで、Our time is coming. 期が熟せば今負担させているよ
うなそんなハシタ金、何倍もイロ付けて返してやると、本人にも豪語している。こ
の主夫業は、主夫行であり、あくまで日々是修行の一環であることは、私にとって
普遍ですらある。


擦っても擦っても中々落ちない。床クリーナーを原液そのまま使用してもダメ。
相当手ごわい相手だ。 が然し、もしかすると私は、一方的に無駄な力を注いでは
いないか? こんなに落ちないのは何か間違っているのでは? 無駄に力任せにリ
キみ過ぎてはいないか? こんなリキの入るWorkをこなしていると、トレーニ
ングの時間に腕立て伏せがままならないほど、かなり筋肉も疲労している。

ク●を腫れるまでシャブりついても(←しねーけどワシは。サービス悪ぃし(笑)
ヴァ●ナを我武者羅に擦っても、遮二無二に腰振りまくりぃの奥深くガンガン突い
ても、実は一向に女たちは良くはないのと同じではないか。
男どもの勝手な錯覚・誤解・コンプレックスに基づく幼稚且つ無知な妄想。ホレホ
レどうだ?イイだろう?とばかり、命賭けて腰振っても期待すべき費用対効果は認
めれない。それと同じなのか? 所詮、イった振りされて終いか?それじゃ自慰行
為・自己満と変わらん次元だ。


床磨きのような広いエリアをWorkとする時、一度に全部やろうとすると気力体
力とも無用に消耗し尽しかねない。そこで戦術を変更し、まずフローリングの升目
に沿って、大体20センチ四方ぐらいを徹底的にやってみた。
すると、どれくらいの労力が必要なのかが検討付いた。またこうしておくと、そこ
が目標となり手本となって、ゴールへの道標ともなる。それと見比べながら他をや
っていけば、ゴールするとあんなにキレイになるんだ。
あれがゴール・目標のあるべき姿なのだと、自分を諭すことも出来まいか。
リベンジは続く。明日もまたリベンジ、それでも倒せなかったらまたリベンジ。明
後日も明々後日も。そして必ずぶっ倒す、必ず征服して見せる。肉体尽きても命尽
きても、魂が残っているならリングで立ち上がれ。


人の心模様もまた然り。
この雑巾も家内に手渡されたときよりも、相当白くなった。それ以前よりも使用頻
度は明らかに高いはずなのに、である。人の心模様も床や雑巾と同じ。白いものは
黒く染まりやすく汚れ易い。黒いものは中々白くは染まりにくい、経年の垢や汚れ
は簡単には落ちない。
私の心模様も、漆黒からほんの少しだけだが、ボンヤリぼやけた色になってきた。
灰色に一歩近づいたような気もしないでもない今日この頃。

その同じ雑巾で私は玄関ホールも階段も、二階の上がり口まで吹き上げている。
この雑巾は、私が主夫をする前からトイレ用に使っていたと思われる。その内に家
内が目の当たりにしたら、絶対何か云うだろうと事前に答えを用意していた。

「アホンダラ!預かったとっからどんだけキレイなっとる思とんねん?」
「ワシはこれで顔拭く事かて出来るど。なんやったら今拭いてみせたろうかい?」

案の定、或る日、用意していた台詞を問答無用に吐く日が訪れた。
この言葉の、「どんだけキレイになった」と、「拭いて見せてやる」など、本来は
なくても良い言葉である。

変わってない・・なかなか変わらない変われない。
やりこめるクセが。売られた喧嘩は買ってしまうクセが。喧嘩上等、年中無休24時
間、完全買取保証付。いつなんどきでも臨戦態勢、そんな習慣が抜けない。
家内は確かに、最愛の息子たちを捨ててまで一緒になった、かつて最も愛した女で
はあったが、今もその気持ちが変わらないとは到底云い難い。
然るにDVには至らないものの、家内への暴言や邪険な態度は拭いきれず終い。

少し何ヶ月か前の話し。
そんな最近の私を見て取って家内は、「幾らお経読んでたって、何一つ変わっちゃ
いないじゃない!」と云った。そうか、他のありとあらゆる色んなコトが、自分で
はそれこそ有り得ないぐらい変わったと実感出来ていても、彼女の目の前にいるの
は、仏道のため一人の女性への愛をも捨ててしまった結果、元来私の中の大半を占
めてきた、粗暴な部分が露出している男なのであろう。

せっかく主夫行を懸命にこなし、その他にも日々コツコツと功徳を積んでも、こん
などーでもいい下らないことでガチャガチャしてるようじゃ、すぐさま指で掴んで
載せられた程度の功徳など、木っ端微塵に吹っ飛んでいく。また漆黒の闇にトボト
ボと彷徨い歩くことになる。


男の根っこの部分なんて、そうそう信仰したからって簡単に変われないかも知れな
い。40年近くもの長い間、信長を崇拝してきた。人を威圧し、有無を言わさずひ
れ伏せさせる。その為の圧倒的勢力を磨く、蓄える。カネ・モノ・ヒト、力を拡大
することに死力を注ぐ。
黒いものをも白と云わせる、相手の気持ちなんて汲んでる情けはない。徹底的に容
赦なく叩きのめす。そんな生き馬の目を抜く世界に生きてきました。

男の性根はそう変わるモンじゃない。
女性ほど順応性も柔軟性も持ち合わせていない。例えば子供の頃、根性のなかった
勇気のなかったヤツが、そうカンタンに強くはなれない。
幾ら場数を踏んでも、性根というか根っこの肝というか・・、乗るか反るかイザと
いう場面では、魂の座り方が違う。能く高校デビューがボコボコにされるってのも、
それらが原因であろうや。歳をくえば喰うほど、男ってのは自分を変えることが益
々もって難しくなる生き物。


まーんな話しはこれぐらいにして。
▼法蓮の熱い夏の一日をご紹介。

1、起きる・顔洗う・歯を磨く
2、ご飯を炊く
3、聖天さま始め、一番水・酒・榊の交換
4、洗濯機回す
5、コーヒー呑む
6、ToDo&Workリスト確認・追加・変更
7、洗濯物干す
8、炊き立てのご飯をお供え
9、トイレ清掃
10、掃除機かける
11、床清掃
12、トレーニング
13、水行・沐浴
14、ブランチ作る・喰う・喰わせる
15、勤行
16、ブランチ片付け
17、冷蔵庫と睨めっこ・ディナー考える(解凍など)
18、ToDo&Workリストをこなす
19、洗濯物取り込む
20、二回目のご飯を炊く
21、お供え・勤行
22、ディナーを作る・食わせる・閉店作業・ブランチ考える
23、ブログを執筆
24、たまに兄弟ぇと電話
25、トレーニング
26、ダルくなければシャワー
27、就寝前の感謝祈祷
28、戸締り確認(主に二階の窓閉める)
29、寝る(たまにDVDや録画を観る)
なんか忘れたかな。 ま、こんなトコ。

090727_1553~0001男は女よりも、同時に複数の仕事をこなすのが、生物学的に苦手
だとされるが、私はご覧のように本日のWorkである、1.換気扇
のフィルター交換清掃しながら、2.アイスコーヒー仕込みながら、
3.洗い物しながら、4.ハムチーズトーストを作って更に食いなが
ら、5.CDをダビングしながら、6.悟り帳にメモを書いたりしている。

主夫として、数々のWorkをこなす毎日によって建築アイデアだけ
でなく、掃除機などもここがこうなっていたら、より使いやすいな。
などと、日常家電用品にさえ色んなアイデアや要望が浮かぶ。


これはそのまま次回購入時に多くの検討材料になるし、そういった目も肥えてきた。
最新家電用品。イイねぇ〜。もっと便利にもっと楽にもっと経済的に。より手間の
ないようバンバン新商品が世に放出されてゆく。
これが今やグータレ主婦が、ボッケ〜〜〜〜っとする為や、グダグダ無駄話しをす
る時間を稼ぐ為の道具に成り下がった。
それを強請(ねだ)られて、自分の小遣いを削って捻出する亭主たち。

元々家電用品はそんなための道具ではなかった。
手でこすっていた洗濯が自動でって云っても二層式だけど。主婦業をやってくれる
ようになって、何が変わったかと云うと、私たちの親世代は家庭内の時間が増える
わけだから、よりもっと子供に接することも、更に家事をこなすことも、亭主の仕
事を支えることにも使ってきたワケ。

私にも本当はもっともっと大事なやるべき事がある。
主婦の皆さんだってそうだ。例えば、図書館行って買うには家計に響くけど、読ん
でおくべきような本を借りてきて読書するとか。くっだらないネットサーフィンし
てどうせPCの前にいるなら、少しでもPCスキルを向上させ身のある物の製作に
役立てるとか、人にも役に立つようなブログ書いたりアフィリやって稼ぐとか。

ヤフーのニュース読まなくたって、テレビの聞き流しで充分だってば。矢鱈とSNS
になんか参加しなくったって、死にゃあしないってば。そんなにコミュ不足なの?
もっと家族を大事にして向き合いなさいよ。傍にいる年配者を労わんなさいよ。
そこまで世間に必死に縋りついて行くことなんて、俄然何一つ無いのよ。

まー、女はいいけどね。でも男はそれじゃダメよ。
やっぱ男どもがブッたるんでっから、この日本は腐っていくんだ。そうなって困る
のはダレよ?国民の皆さんでしょ?昭和30年代の熱い日本の男たちを見習ってよ。
と云いたい。今、ちょうどいいドラマやってんでしょ日曜に。観れないけどさ。
男たちがそんなヘナチョコだから、つまんねー女たちが台頭してくるワケよ。言い
成りでいいの?女のケツに敷かれる男になるためにアンタ親に産んで貰ったんかい?
そのために生きてきたんかい?そうじゃないっしょ?

今の女たちの男達への見解が、ただの勘違いだってとこ見せてやんなさいよ。
やっぱ男が先に動かなきゃダメよ。世間に増して女に扇動されてどうすんの?タマ
付いてんでしょ。目覚めよ獅子たちよ。いつまでも眠ってる場合じゃねーよ。


私は今の結婚をして、初めてゴミを出した。
今は手伝う程度だったゴミも、率先して私がやる。だって専業主夫だから。近所か
らは、遊び人の不良亭主が戻ってきたと思ったら、ケツに敷かれてゴミ出しさせれ
とる。などと思われていよう。 ええねん。笑いたいヤツは笑わせときゃ。そんな
ヤツらに限って面と向かっては何もよう云いよらんねや。

幾ら私がゴミを出そうと、主夫をする私を見て息子は嘲笑うでもなく、増して男と
して親父の気概も男気も、とうとう地に落ちたとも思っていない。
寧ろ、以前よりも尊敬と感謝の念を深めたと息子は云う。家内が仕切ってた頃は、
ゴミひとつ全部家内に任せっきりだった息子も、私が「ゴミの前日には部屋の前で
ええから、まとめて出しとけや。」そうひと言告げただけで、今朝もキチンとゴミ
が添えて出してあった。

男がいつまでも親とくっついて住んでるのは、15で家を出た私にすれば気色悪い。
アイツはマザコンでもない、寧ろ愛情表現の苦手な母親とは仲良くは決して見えな
いほど、私に相対するとは正反対な無粋な態度である。
片親で育てたと云う、家内の子供たちに対する負い目から派生する、時折な過保護
から一刻も早く開放し、男たるもの真の意味でも独立させてやりたいと私は思う。


なんだか今夜はまとまらないです。ごめんなさい。
蒼々
本日もご訪問・ご愛読、心より厚く御礼(おんれい)申し上げます。
有難う御座いました。


南無帰命頂礼大自在大聖歓喜雙身天王
尊天様に縋る者、誰一人として漏れ落ちる者なく、我等愚俗の邪智なる者達の
暗愚な願いをも、まずは叶え賜えつつ、我等一同尊き道へとお導き下さいませ。

我が願い尽き果てようとも、他益願うは尽きることなからん。
我ら一同等しく、この願い思い祈りが、一人でも多くの方に回向しますように。

厭離穢土欣求密厳浄土

感謝合掌
法蓮 百拝