皆さん。こんにちわ。
本日もご訪問、誠に有難う御座います。
この度のえにし(ご縁)に、心より感謝致します。


今日はな〜んの日っ? ふっふーん
今日は一日。『ついたち』です。(分かっとるわい!そんなコト!)
妙なノリと突っ込みは軽く無視して結構ですので(笑。 とうとう六月に入ってしまいましたね。本年の目的・目標を果たす為にも、日々是修行を励まねばなりません。そのためにも、今私は日々二つのノルマを課しております。一つが観音経写経、一巻以上。二つには虚空蔵求聞持法、三千遍以上です。

前からやってるっちゃ〜やってることなんですが、先日でしたっけね? 皆さんにこう云いましたよね私。
「男は意地で出来てるぐらいに思えばいい」と。偉そうにそう云った手前もありますし、何と云っても音羽さんが般若心経1000巻を期限より、四日も切り上げて達成しましたよね?。
あ〜れでキレました。(いや、キレてどーすんねん?)(笑 いえいえ、キレたんじゃなく、このままでは男が廃ると、バリバリスイッチが入ったのです。そーゆー意味でも彼女には、ほとほと感謝し通しで御座居ます。はい。
この二つは以前から始めておったのですが、明確な数字のノルマを課したのは、その日以後です。勤行は当り前ですから、当然それらを一切怠らずキチンとこなした上で、です。


さて。皆さんの中には、例えば私たち同様に聖天さまを真面目に信仰し、或いはどこかのお寺の信徒さんになって、正しい信仰の在り方を学びながら実生活に生きる智慧として、活かされる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、私のやるべきことは一切衆生救済であり、一人でも多くの悩み苦しみ困窮したる人々を、聖天さまにお救いいただくため、そのための勤行、そのための皆々の祈願達成―の祈願です。

そんな私にとっては、勤行はもはや修行ではなくなりました。
先祖供養においても、親族親類遠縁は云うまでもなく、現在過去の関係者各位まで一切を供養させて戴いております。ここでえにし(ご縁)を結んだ方々も無論一切です、だからドンドン増え続けて行きます。従ってこれら一連の勤行は、坊主の仕事であり私の志事であり、吸った息を吐くほど当たり前のこと。僧籍だけの見習いであろうが、自寺がまだなかろうが、坊主は坊主です。私は誠に勝手乍ら、そう生きております。・・と申しながらも、本日はこんな無駄話を少々。


お待たせしました。それでは知りたかーないでしょうが、法蓮の今日一日を密着取材でお送りしましょう。(待ってへんちゅうに!)(笑 私利私欲のビジネス界から足を洗っても、私にとってついたちは、朝っぱらからとても忙しいのです。朝の次第は いつかの稿 にて、ダイジェストにお知らせした通りです。
今回は、その続きを無理やり披露します。周知のように現在、坊主見習い兼、主夫見習いと二足のわらじを履いておりますので、特に今日は月曜日。ゴミ出しと買出しの日と重ねてしまい、しかも久々のお天気=洗濯物もありぃのと、一日中何かと慌ただしゅう御座居ました。ま、そんなどーでもよか話しですので、おヒマな時間があればゆるりと読んで下されば宣しかデス。


近頃は、これもいつぞやお伝えした 金運アップのトイレ掃除 のあと、そのままトイレの床全体も拭いております。当たり前? 洗剤も飛び散ってるし・・まぁ当たり前なんですが、ウチのトイレの床は四畳あるんです。洗濯機を収納するクローゼットを入れたら五畳以上あります。

広い? いえいえ、ただ洗面脱衣所と一緒になっておるだけです。そもそも、私の住宅設計コンセプトには、往年のラブホテルとリゾートホテルが、根底になっていただけです(笑。
それと私が閉所恐怖症なので、フツーの一畳ぐらいのトイレだと、「狭いよー怖いよー」と泣きそうになるからです。ウソですが(笑、狭ッ苦しい場所が嫌いなのは本当です。ですから、初めてウチのトイレを使う方は、多分落ち着かないと思います。丸見えですし。息子がウンコしている横で、私が歯を磨くとか(笑。

そこを全部拭き上げたら、そのまま隣の玄関ホールも拭きます。
音羽さんもやってらっしゃるとの事ですが、玄関をいつもキレイにするのは、急な来客時のためだけではなく、家運向上にも非常に良い習慣なのです。
当然ですよね、運気は玄関から最大量が取り込まれますから。それに当家の玄関には、大黒さま、龍神さま、白蛇さまもいらっしゃいます。ですから、玄関ホールも一生懸命拭き上げるのです。

それから腕立て伏せ⇒水行⇒給仕⇒勤行(おつとめ)と続きます。
腕立て伏せは体重が増えるとキツイです。胸より腹が先に床へ当たります(笑。 この体重で頑張ってると、軽くなればそれだけ楽になって回数も増やせます。スッポンポンでやってると、ぺったんぺったん・ぽんぽんぽんと餅つきのような音がします。娘がまだ家におりましたころ、(な・何の音ぉ?)と不思議がってたと聞いて、「パパのお腹だよ。」というと爆笑してました。

勤行次第は、『勤行2008年最終形』 から、また少々マイチェンしておりますので、また機会があれば近々公開させて戴くつもりであります。
昨日、いつもように榊を買いに近所の花屋へ行ったら、遅かったのでしょうか売り切れておりまして、今朝は榊交換を午後にさせて頂く旨、榊を供えている神棚の諸神と台所の三宝荒神さまにご容赦願い、それ以外の全てを終えすぐさま、今度は仕事に出かける女房のブランチを作ります。

あ、もしかして最近訪問された方は、私のことをシングルファザーだと思ってました? 主夫やってるし。いえいえ、結婚してますよ。だから何度も云ってるじゃないですか〜、指輪を隠して口説いたことはないって(笑。 だってしょーがないじゃないですか。18ん時からほぼインターバルなしでずっと結婚してるんですよ。20年以上ずっと遊んでたんですよ。延々隠したって後で面倒臭いだけでしょう。

(オイオイ、不倫してきたことを自慢すんな!)
いえいえ、当時は不倫って言葉もありませんでしたし、石田純一もいませんでしたし(笑。そもそも、不倫って言葉を誰が、妻帯者との恋愛表現にしたのでしょうか。あの言葉は好きではありません。人道に反するって意味でしょう?

確かに結果、親の面子や罪なき子供たちを傷つけることにもなり兼ねません。私もそこは今も自分を許すことは出来ないままでおりますが・・。自分の欲望を満たす為ですから、自分でリスクを背負うのは当然ですが、それ以上に、自分以外へのリスクが極めて高いとも、今は思えます。恋こそが生きがいだとばかり、よくぞほざいていたとも思います。

仏教でもキリスト教でも淫欲は、共通する大きな戒めでありますね。
では、なぜそうせざるを得ないほど、人は様々な危険を冒してでも、人を愛し人に愛されたがるのでしょうか。カトリック系では十戒の中で、「隣人の妻を欲してはならない。」とハッキリ書かれております。・・・夫ならいいんでしょうか? この話しは本題から果てしなく外れて行きますのでまた今度。


ブランチは、息子の食わない焼き魚や簡単な卵料理などですから、さほど手間も要りません。 が、月末ということと、先々週の食材が持ち越してたので、先週は買い控えたのもあって、冷蔵庫の中はほとんど空っぽスッカラカンです。ここ数日の法蓮3分クッキングも、あるもので何とかかんとかメニューを繋いでたのです。

取り合えず掻き集め寄せ集めみたいなモンで食事を済ませ、タバコ一本吸ってコーヒー飲んだら、忙しいからよしゃあいいのに、せっかく空っぽだからと冷蔵庫をついでに掃除しようかと思いました。
あ、知ってます? 冷蔵庫も汚くしてると運気落ちますよ。特に1、冷蔵庫の上にモノを載せない。2、冷蔵庫の表面にモノを貼らない。は鉄則です。横はいいんですよ、ウチは横にベタベタ貼ってます。

ということで、冷蔵室に五枚あった棚を全部外すとこから始めました。
Long long time ago...厨房の業務用冷蔵庫は洗ったことがありますが、家庭用は初めてです。なんか良く見ると、なんのための部材か分からないものがあります。でも、外せるってことは、メンテナンス出来るってことでしょうから、全部外しました。事業してるときも、「清掃は退かせる物は全部退かす。」と良く云っておりましたし。

ついでに、「大きな物を掃除するときは、上からやる。」ですから、庫内の天井から始めます。左手に洗剤を沁み込ませたスポンジ、右手にダスター。擦っては拭取る×リピートandリピート。そうそう、空手のベストキッドのワックス掛けと同じですね。なっつかし〜。ディフエンスを鍛えられますよ。違うか(笑。ここでも、左利きのススメ が、見事役立ってますねぇ〜。

そうそう、皆さんに自分自身の右手依存度を公開したのを機に、まだまだ依存度が高いことを改めて知り、それから更に左手を使うようにしております。仏さまに対する帰依だけなら、例えばスポンジなど『洗う』ものですから、対極のケツ拭くよりは清浄だと思うのですが、文字などどうしても右手でしか出来ないもの以外は、極力もっと左手を使って少しでも右脳を鍛えようかと。頭の中の消しゴムも最近忙しそうですし、全く(笑。

普段、気にしてなくてもやり出すと汚れが目立ちますねぇ。
なんせ食材が入ってる場所ですから、歯グソのような(汚い話しですいません。)細かい食べ物が棚の隙間や、外した部品の中に引っ付いてます。コイツらも臭いの元なんでしょうね。キムコじゃダメなわけです。

上から下まで五つある、収納庫を全部やるつもりで始めましたが、途中で「これムリ!」と判断しました。トイレの時と同様に、何日かかけないと今日は時間がありません。(せやから、すんなっちゅうに。)(笑。

なので今回は、一番上の一番大きな冷蔵スペースだけに留めました。棚は全部洗って出窓で自然乾燥。最下段だけで事足りるほど、冷蔵庫は空っぽですから棚なしでも大丈夫。見て下さい!ほれっピッカピカ★表の扉も一番上だけ新品になりました。(笑。


12:30
なんやかんやでもうこんな時間。
急いで買出しリストをまとめます。普段からちょこちょこ書いてますが、冷蔵庫やパントリーを見て最終チェックです。キャベツ0.6、人参3、レタス0.4・・。まるで発注前のABCチェックか棚卸しです(笑。

いつものスーパー、売り場は頭に入ってますから、効率良く買い物するために、売り場ごとに買うものを並べ替え順路を決めます。こうすると買い漏れなく最短距離でレジへ迎えます。野菜売り場から一番遠い、肉売り場まで行ったり来たりする人もいますが、私はそんな趣味はありません。
ってか、後述しますが群馬のスーパーで巨大なんですよ。大阪の百倍ぐらいあります。中で歩き遍路が出来ます。(出来んっちゅうねん!)いや、ホンマそれぐらいバカデカイんです。特に行くとこは。一世帯における車保有率全国一位の群馬は、アメリカ郊外並みに超巨大スーパーの乱立竹の子状態なのです。

天気予報では、午後からにわか雨。
高崎は・・というか、私の住む近所だけなぜか、スコールが良く降ります。ドサーッと。南国ちゃうっちゅうに。でも本当なんですよ。4キロしかない高崎駅は降ってなくても、ウチ帰ると降っとるやんけ。みたいな。なぜでしょうか・・。別に困ってないけど。
いや、今日は困るんです。降ったらうっとぉしいんで洗濯物を取り込んで行きます。ほとんど乾いてますが、畳むヒマもないので自慢の吹き抜けに竿を渡してかけます。この吹き抜け、家のキャパの割りに敢えて大胆に大きく確保し、そこへ空中廊下を渡した云わば見せ場的な、デザイン性を最も象徴する私の自慢の設計・・だったのですが、今は単なる洗濯干し場です。下でストーブを焚くと良く乾きます(笑。

あそーそー皆さん!洗濯は午前中ですよ!
雨が降らなくても、遅くても午後三時までには仕舞わないと、午後の運気は落ちて行きますから、その落ちた運気を一緒に家の中に入れることになります。冬は勿論、冷たく湿ってきますしね。夏もスコールがありますから早めに仕舞いましょう(笑。


13:00
お天気が良く家中の窓という窓を全部開けていたので、走り回って締めまくります。花粉症のくせに外の風が大好きで、鼻が垂れても開けます。ウチはキャノピィがあまりなく、バーゴラ風の電動オーニングが付いた出窓以外、ぜんぶ雨が入って来てしまうのです。

ブランチのあと洗い物をして、最後に出たシンクのゴミは既に水を切ってあります。
ゴミ出すの遅い? いいでしょお? それだけがこの町内の特典(笑。
二階のキッチンからダイニング〜仏間〜リビングとゴミを集め、ここでもう二度と、いいですか?ここが肝心です。NEVER EVER!です。二度と決して二階へ上がって来ずにそのまま脱出できるよう、万全を期します。
まぜなら下降りてから、なんか忘れてまた上がってくるの。アレ、かっなり頭に来ます。しかも何度も繰り返すと、メチェクチャ頭に来過ぎて脳震盪を起こしそうになります。ホンマに。

マイバッグ持った、よしっ!。戸締り、よしっ!。聖天さまに挨拶、よしっ!。
階段ダダダー・・・買い物リストは? 忘れとるやんけ!ムカツク! ダダダー・・・ 携帯は? クソッ!マジでムカツク! ダダダー・・・ 求聞持法用のカウンターくんは? マジで殺すぞ!! ダダダー・・・。あのね、これホンマ、冗談抜きでね。自分で自分をぶん殴れたら、何千回と殺してるか分かりません。自分がこの世で最もムカツキます。


13:15
今、自分が足にしてる車は女房のお下がり。古〜い、ただのSUVです。
マジシャン高橋さんから、大聖歓喜天平成利生記・第二弾を既に戴いておるので、次稿にでもご紹介いたしますが、彼の車も調子が悪いですがこの車も古くて、ラジエターから水が染み出しています。オイルも漏れているので、乗るときは必ずオイルの減りを見て、水は足すようにしてます。

かつて25年間、こんな風に車を大事に乗ったことはありません。
だから、欲しかったけどミウラとかカウンタックなどのヒストリックカーは買いませんでした。気持ちはあっても捧げる時間がありませんでしたね。
また、どんな高級車を新車で買っても、自分で洗ったことすらもありません。納車の瞬間からタバコをバカバカ吸いますし、土禁なんて在り得ません。

私はバレバレのように、車は女性の次に大好きでしたが、車という機械がスキなんじゃなくて、自分にとってはとにかく速く、カッコ良く、デカく厳つく、乗ってる女性も「誰の女だと?」と、いい顔が出来る、そんな人と違う何かを示す為のモノでした。
車いじったりするのが好きな人がいますが、私はそうではないし(改造するのはスキ。いじらせるのはプロにさせる。)車好きも女好き同様に色んなタイプがいるということです。車の話しは長くなるから終了。

とにかく、もうお昼廻ってしまいました。水を入れてついでに、家の欠け部分を補っている、玄関先の南天の花にも水をやって。さぁ出発。ブルルルン・・・お賽銭の115円は持ったんか? エエ加減にせぇやマジで!(笑


13:30

ご近所の不動寺 へ、まず直行。修行大師像に向かいご挨拶。懺悔文(さんげもん)〜開経偈(かいきょうげ)〜心経〜回向。 振り向いて反対側の聖観音像へ、観音経偈文。 本堂へ向かい、やや左手にいらっしゃる愛染明王像へ、仏説愛染明王陀羅尼経。本堂の扉は普段閉まっている。法要などで信徒さんらが来られてなくて良かった。ご住職には話しもあるし、お会いしたいのは山々でしたが今日は兎に角、そこまで時間がない。

次に、ソッコーで幹線道路を渡って向こう側にある、産土神 五霊神社 へ。『身滌大祓』みそぎのおおはらい×三遍。石段降りて、右側の御嶽さま、大國主の命さまへ。左側の金比羅さま、羽黒神社の大神さまへ。
画像のように、羽黒山も祀られてるから、もしかして昔は修験道とも繋がりがあった神社かも知れませんねここは。
それぞれこの半月間のお礼を申し上げ、さらに新しい月を迎えられたことにも感謝。また半月間のご加護、ご庇護、更には我、人、三宝共々のご加護を賜れますよう、重々祈念申し上げる。


14:00
やっとスーパーに着いた。
超バカでかい駐車場。入り口付近はいつも混んでいる、それよかカート置き場に近い方が、まとめ買いのときは良い。以前(発心する前)は、まとめ買いなどしなかったし、身障者用のスペースにでも平気で停めていた。
エコバッグなんてなかったし、袋詰めが面倒だから、いつもスーパーのカゴごと車に積んで持って帰ってた。洗濯物入れにしたりして余ってくれば、たまにまとめて返すとか。

あれ、もしかして皆さん。私のことをマメだと思ってます?
掃除したり料理したり。昔からよくマメだとか云われますけど、絶対マメではありません。ウルトラ面倒臭がりですよ。
以前は女とか仕事、今は見習い修行。やらなくちゃいけないこと、その瞬間に必死で取り組むべきことを、思いっきりやってるだけです。

本当は風呂も大嫌いです。
ナイショですが、聖天さまがキレイ好きだから、実はイヤイヤ入ってるんですよ。温泉はいいですけどねー。いや正確にいうと洗うのが嫌いです。あ、やっぱ身体拭くのも面倒ですね。瞬間身体乾燥機とかあればいいのに。

大体、身体洗うのって超面倒臭くないですか?
途中で休憩しないと、腕が痺れて痛くなります。21世紀なんだから、服着ただけで身体洗ったようになるのってなんでないんですかね?あったら絶対買うけど。直近十数年間、ずっと自分で身体を洗ったことがありません。一緒に入る誰かが、ずっと洗ってきてくれたので。自分で洗うのは顔だけで精一杯、もう大概限界です。

ウンコするのさえ面倒です。
薬飲んでウンコが体内で蒸発するなら呑みたいです。ケツ拭くのなんかもっと面倒です。原始的すぎます。パンツも汚れない永久パンツがあれば、もうずっと履いてますきっと。あ、だからきっと車も洗わなかったんですね。自分の身体も洗えないんだから面倒臭くて(笑。
歯を磨くのも面倒。子供んころから大っ嫌いでした。一週間に一度で充分です。でもファーストキスのとき、「口臭いっ」と云われ、子供心でも男心は傷つきました。しかしそこはワタシ。転んでもタダで起きません。(これじゃ口説けんな・・)と、根アカに是正してから磨くようになりました。まぁキリがないぐらい超面倒臭がりの不精モンですよ。


14:25
このスーパーにも榊はある。一応見てみましたが、やはりここのは色が悪い。葉に新鮮さもありません。申し訳ないけどいつもの花屋に行くまで、晩行まで待って戴くしかなさそうです。
ただ、オリエンタルチェリーのとてもいい香りに誘われて、六月の仏華はこれにしました。花びらの中がピンクっぽく、水玉模様の入っているのは見た目キレイですが、香りは色の薄い花びらの方です。
普段は大菊が一番日持ちが良く経済的ですね。花びらも大きく開くし。輪菊・小菊は、沢山つぼみがあって、最初得したような気がしますが、大抵開く前に枯れます。サギです。(笑

って、レジに並んだのがこの時間。24台あるレジは激混み。
「おぃー。なんでやねん〜月曜やから、ついたちやからって、こんな時間に買いモンこんでもええやんけ〜」(って、オマエも来とるやろ!)(笑。

カートに載せた二つのカゴはテンコ盛り。
後ろに水子供養用のお菓子が落ちて、オバサンが拾ってくれました。「どうもすいません。」やっと順番が来て、ドカドカとレジカウンターへ。マイバッグを広げようとしたら、今度はハムが隣のレジへすっ飛び、また別のオバサンが拾ってくれて、「どーもすいません。」謝りまくりしてようやく14:45にレジを抜ける。

カゴと同じ大きさのマイバッグに満タン。
大きなビニール袋三つの荷物。ガラガラガラガラ、遠い遠い駐車場を押して歩く。やっとこさ積み込んでカートを返しに行こうとしたら、年配の係りの方が「どうぞ、かして下さい。有難う御座いました〜。」と運んでくれました。「有難う御座います。」
きっと再就職されたんでしょう。どんな経歴を持ってた方かも分かりません。第一、63歳以上の方は皆、悲惨な戦争経験者。敗戦日本の経済を底から支えてこられた方々です、敬っても敬い切れません。


15:20
一時帰宅。四つの荷物を抱え、ヒーヒー階段を登る。
皆さん、二階キッチンにするなら、家庭用エレベーターを付けましょう。200万ぐらいでいいのがあります。本当に人のこと、女房たちのことなんて、これっぽっちも考えずに設計したなぁ〜と、つくづく思います。
あ、冷蔵庫洗ったんだった! 乾かした棚と部品を元に戻し、食材をドンドン詰め込みます。これがまた面倒くさいったらありゃしない!片付け易いように、一応は野菜なら野菜、冷凍する肉、しない肉、飲み物と分けて袋詰めしますが、ホンットに面倒くさいです。コレ。
しかも、窓が締め切ってるし、スコール降らずにガンガン天気いいし、汗だくだし。でも、ソッコー片付けて、花屋さんへ榊を買いに行く。

もう四時になってしまう。高橋サンからも相談のメールが・・。すいません、ちょっと手が空くまで返事出来ませんと、お詫びのひと言だけ返す。彼への返事は、今これ書いてるので、未だ返せてないです。すいません。この稿で後述します。


16:10
炊飯器のスイッチを入れる時間。
榊入れを洗って交換し、漂白剤を入れ、やっとコーヒー飲んで一服。すぐさま、ご飯が焚けるまで虚空蔵求聞持法をやる。今日はまだ全然出来てない、40分あれば二千遍は出来る。観音経の写経は二時間弱かかる。今からじゃ中途半端になって、残った筆墨が乾いてしまう。こんなニッチなロスタイムは虚空蔵求聞持法に限る。
(5時から勤行。それから料理。食べて片付けて、7時半からとして写経が終わるのが9時廻るか・・)大体の目星をつけて、ひたすらマントラ行。


02:50
・・はい。ってことで、今に至ります。
こんな時間になっても、まだ風呂入ってません(笑。 あそーそー。聖天さま専用にした、マッコルリを買い忘れたので、というか巨大スーパーになかったので、売ってる店を間違えたかと、近所のスーパーに行ってみましたが、やはりないのです。(やっぱ・・ドンキかな?)と思ったら、そうでした。
明日の朝、聖天さまに捧げるお酒はフツーのポン酒になってしまいました。・・・ん? ドンキってまだ空いてるじゃん。これ仕上げたら行ってきます。寝れねーし。(笑



〜編集後記〜
はい、皆さん本日も有難う御座いました。
今回のご訪問、希有なるえにしに感謝です。


まず、音羽さん!
お早う御座います。ニヤリ
今日からまた朝参り会。すごいことです。頑張ってお参り下さい。
ボクシングしてたって本当ですか!? 自分も今、めっちゃくそ、スパーリングがやりたいです! 相手してください(笑。 いや、冗談抜きでスパーリングが無理でも、サンドバッグでいいからめっちゃくそ、どつきまわしたいです。ケリまわしたいです。貴女を、じゃないですよ(笑。

きっと運動全然してないし、○○○○も全然してないし(あれも運動っちゃあ運動〜汗いっぱいかけるし、汗かかなくなると手抜きだし(笑、
歳食ったってまだ、体力エネルギー有り余ってんですね。元々、一日3〜4時間の睡眠で一日中ハイテンション、20代の社員が怯むほど超エネルギッシュ、思いっきり仕事して遊んで恋して、魂を燃やし尽くしてましたからねぇ毎日。

そのころの激しい、云わば『動』に比べ。渾身の思いで勤行してるっても、仏道は『静』。・・しかし、能の、俳優(シテ)は、あの激しくは見えない歌舞の最中、その心拍数は、命を賭けてコーナリングする最中のF-1ドライバーと同じだと云います。強い横Gを受けて、身体中の血液が留まり呼吸も一旦、停止させながらコーナーを曲がる。そのF-1ドライバーと同じなんですよ。あれ?もしかして、両方ともある意味同じか・・。座ってんだし。まぁそれくらいの精神的極限の高まりということでしょうね。神仏と向き合い、その域まで達することで出来るか否か。


次に南国鳥さん!
「八栗寺の歓喜天様は50年に一度」
ですかぁ〜。拝見された方は、まさしく生涯に一度って幸運ですね。

「以前は御百度を踏んだり、酒や大根をお供えしたりしましたが、願いは叶いませんでした。叶わなかったのですが、結果的には叶わなくて良かったという方向に収まりました。」
うんうん。聖天さまの功徳はそういった現れ方もすると、よく聞きますね。 そうは分かっていても、観音さまが変化されて聴かされていても、愚かな私たち・・私だけ?(笑 は常々、こない思ってしまうもんです。

「そうは云わはるけどな、聖天さん。ワシら今、これをこう叶えて欲しいんですわ。いやいやいや、云わはりたいことは分かってまっせ。そりゃもう〜よう分かってま。そやけど、どうしても今、これがこないならんと困りまんねん。頼んますわ〜今回だけ。ねぇ?あきまへんやろか?」みたいな(笑。

待乳山聖天 現平田ご住職が云われるように、「お参りを怠らない。」「信じる事を止めない。」「戴けたご霊験は前借と同じ。負債と思い続けること。」それによって、更なる功徳がきっと南国鳥さんにも訪れることでしょう。信仰に王道なし。いや、ホンマええこと云いますね。あのお方も。


最後に高橋さん!
すいません。遅くなってしまい。
入我我入を試みているときでなくても、私は勤行中にだって失禁します。違う違う、失神します。すいません。真面目なご質問にフザケて。久しぶりの夜更かしにテンション上がりきってます。

アカシックレコードに入るか否か、またそれを自己分析或いは、自己確認出来るのか?同時にそれを他人にも立証出来るのか? 非常に微妙な部分でもありますが、単に本当に寝てるときもあります。それはただの居眠りに過ぎません。しかし、一瞬寝てたかと思うと、次の瞬間に入れたりもします。ですから本当に微妙なのです。私も良くあることです。
特に今、花粉症が酷く頭がボーっとするので、高めた集中力を維持するためにも、薬を二日分一気に飲んだりします。でも、鼻炎系の薬って眠くなるんですよね〜。眠さか、ウザさか、難しい選択です。

貴方の言葉をそのままお借りすると、「果たして眠ってしまってもよいものか、」・・否か?と聞かれたら、そりゃ答えはNOです。眠っちゃダメです(笑。徹マンなどは、そこが一番難しいのです。昼間でも寝てしまうか、トリップするかの瀬戸際に追い込むわけですから、増して徹夜となると尚更、一定の精神状態を保つのは至難の業です。山篭しての行者も寝てしまうこともあると聞きました。

ただ、そんな風に気持ちが良くなってきた、そんな感じがしてきた。ってのは、とても良い兆候ですし、何よりも入我我入を御自身で常日頃から試みていること。これが最たる良い兆候ではないでしょうか。ご納得のいくお返事でなければ申し訳ないですが、また何かありましたらいつでも。お待たせしてすいませんでした。



う〜〜〜っちょっと、
法蓮3分クッキングを書く気力がなくなってきました。
あ、ドンキ行かなくちゃ・・。

ということで、また次稿でお遭い致しましょう。
有難う御座いました。明日も法蓮頑張ります!って、もう今日か(笑。

誤字脱字、あればご指摘を!


感謝合掌
法蓮 百拝


▼マジシャン高橋さんよりお預かりしました
大聖歓喜天平成利生記:第二弾です。

高橋さん自ら直近で体感された、功徳が綴られております。
皆さん宜しくお願い致します。



『大聖歓喜天平成利生記:第二弾』

私、聖天さまと観音さまから、とても大きな尊いご加護をいただきました。
私の進退を揺るがすような大事故…というよりは、その時の状況によっては
私の命もが危ぶまれるようなその事態を、お救いいただいたのです。

それは、私の乗っている自家用車での出来事でした。

その車は、ここ2年ほど車検や整備もしていない故障だらけの老躯化した
違反車でしたが、私はある事情があって毎日乗り続けておりました。

今回は走行中に故障が起きたのですが、後で検査した整備工員が言うには、
【絶対に乗ってはいけない危険な車】に私は乗っていたのだそうです。

・タイヤには深いひび割れが数ヶ所
・前輪のベアリングにもひび割れの兆候
・エンジンオイルは見事に空っぽ
・ブレーキランプが左右ともに切れていた
等々。
今まで事故がなかったのが奇跡、もし捕まった場合は整備不良はおろか、
免停のリスクも甚だ多大…とまで言われてしまいました。

実は私、車に関してはまったくのド素人&無頓着です。
ただ、車が限界を迎えている危険な状態であることだけは感じていました。
そのため毎日の勤行での安全祈願はもちろんですが、お下がりのお塩を
水に溶かし、故障と事故がないよう車に浴びせてお祈りしていたのです。

以前、法蓮さんにそのお話をしたことがありましたが、その時もさすがに
『整備、車検は不可欠。対処は早めに。』と忠告をいただきましたね。
でも私は諸般の事情があって対処せず、そのまま乗り続けていたのです。

そして運命のXデーは突然やってきました。

家を出た時は何ともなかったのですが、町内の裏道を抜けいざ幹線へと
乗り入れようとした刹那、ハンドルの先の前輪の辺りから鈍い連続音が
鳴り響き、ハンドルがまったく利かなくなってしまったのです。
必死にハンドルを何回も何回も回しましたが、空回りするばかりです。
急ブレーキをかけて車が停止したのは、対向車線のど真ん中でした。

非常事態です!
私は極度の緊張の中で思考と運転操作を繰り返し、ある決断をしました。
遅い速度であればハンドルは利きそうだ、近くの車屋に持ち込もうと…。

90度のカーブは速度を落とすことで、緩いカーブは素速いハンドル捌きで
何とか乗り切れる、という浅はかな判断でした。

私は聖天さまと観音さまに車屋に運び込むまではどうかお守りください!
と安全をお願いし、車を発進させました。

第1の難関、90度のカーブは無事に曲がることができました。そして…。
大きな緩いカーブに差し掛かりました。

90度のカーブが曲がれたのです、緩いカーブは当然のように曲がれると
思っていましたが、ハンドルは空回り、車は曲がってくれませんでした!


皆さん、説明がヘタクソで済みません。
そのカーブは左まわりで、左手にはJAの大きな建物が建っているため
見通しがききません。さらにこの道路は川越と上尾を結ぶ幹線のため、
大型トラックの往来も激しく…。

正直なはなし私は瞬時、己の運命はこれまでか?と考えてしまいました。
車を運転される方は、この時の状況と私の恐怖、わかりますよね。

でもね、でも…
さっきもそうでしたが、この時も対向車線には車が来なかったのです。
後続車はいましたよ、何台も何台も。とっても不思議ですよね!

もし見通しのきかないカーブの向こうから、大型トラックでも来たなら…

私はそのあと、震える声でご真言を唱え続けながら運転を再開しました。

私は今回に限って、偶然という言葉はないものと考えています。

乗っていた車は、私のモノではない曰くつきの車でした。
とはいえ、重要な事情があって乗り続けなければならない背景がありました。
それもいよいよ寿命が尽きる日が来たのです。

きっと、これまでにも何度も警告を出していただいていたのだと思います。
でも、鈍感な私には気がつく由もありません。

ついにその日が来た時、聖天さまと観音さまにお縋りしていなければ、
私は今こうして書き綴ることはなかったものと痛感しています。

実はその前日の深夜、大雨の最中、娘を駅まで迎えに行きました。
今週は遠出をする予定がありました。

そのいずれのタイミングも避けての警告。
また故障時は、周りを取り巻く事故の要因・環境を制御してくださって、
聖天さまと観音さまは私をお救いくださったのだと確信しています。

法蓮さんにお話しましたように、私はその車に乗っていてはいけなかった
のだと思います。ハンドルの故障がなければ、まだまだ乗り続けました。

今はその車も、無事に廃車手続きを終えました。

私は、今回体験した恐怖と神仏のご加護に心から感謝するとともに、
これからもより一層信仰を深め、精進を重ねてまいりたいと決意しました。

最後までお付き合いいただきまして、有難うございました。

感謝合掌 高橋司