大聖歡喜天宗 夜郎自大院 北斗法蓮

【夜郎自大(やろうじだい)】とは井の中の蛙と似意。かつて神も仏も信じず私利私欲の為、栄耀栄華を酔生夢死に生きた私の半生。稀有なるえにし賜れし大聖歓喜天。この神こそ私に続く罪人、悪人をも救い給い、以って善人を救う唯一の神なり。智慧なき愚人は己が愚人とも気付かぬ故に愚人の願いは果てなく愚願なれど、それすら直ちに成就せしめつつ尊き道へ導かんはこの天尊だけのご誓願なり。俗世を生き抜く大学 聖天綜芸種智院へようこそおいでやす。

皆さん、こんにちわ。北斗法蓮です。 ここのところ、続けざまに聖天信仰における重要な日々の行事。すなわち、勤行(ごんぎょう=いわゆる、お勤め)の中で、聖天様の絶大なる功徳に関する、和讃(わさん)をご紹介してきました。本日のお題目は【聖天五段講莚】≒聖天講式。一 ...

大聖歓喜天宗 勤行次第 朝行(一座)より 本日ご紹介するお経は、【大聖歓喜天使咒法経】。般若心経や、観音経ほど決してメジャーなお経ではなく寺院における、ほぼ全てが秘仏となる【大聖歓喜天】さまをダイレクトにお唱えする、あまり公にはされていないお経です。この当 ...

大聖歓喜天宗 勤行次第朝行(一座)より 南無 帰命頂禮大悲尊 (なーむ きみょうぉ ちょぉうらい) 大自在大聖大悲大仁慈歓喜雙身天神王 (だいじだい だいしょうだいひー だいじんじ かんぎーそうしんてんしんのう・・・・) ・・・の誓わせ給う言(こと)の葉を 告 ...

大聖歓喜天宗 勤行次第晩行(二座)  大聖歡喜尊天和讃 (だいしょうかんぎそんでんわさん) 一、 帰命敬禮大自在 大聖歓喜雙身天神王 (きみょうちょうらい だいじだい) (だいしょうかんぎ そうしんんてん しんおう) 摂取不捨(せっしゅふしゃ)の本誓(みちかい) ...

皆さん、こんにちわ。 まいどおおきに、北斗法蓮です。 もう、葉月(はづき)八月も終わり、長月(ながつき)九月になろうとしとるに、いつまでも窓を開けると熱風が顔面を覆ってきます。コロナウイルスの問題も中々終息が見えまへんな。拙僧も微力ながら全国の僧侶と同じく、日 ...

皆さん、こんにちわ。北斗法蓮です。 さて、本日のお題目【Black Lives Matter】とは 直訳では意のするところが、我々日本人では非常に難解ではあるが、意訳すれば『黒人の命も大切である』と云う意味になる。それでは我々日本人の命も、広義に亦、仏教的に謂えば全ての衆生 ...

忙しくするのは構わない。それをこなせる能力が備わっているのも構わない。だが、ときとして敢えて《なにもしない》と云う、選択ができるのも贅沢な幸せである。その選択によって、仕事が遅れる心配もない、収入が減る懸念もない、資産が目減りすることにそわそわすること ...

世界中の誰しもが想像もしていなかっただろう。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による人類世界の感染者数は本日、日本時間早朝付けで、もはや述べ479万人に達した。死亡者は31万8千人。現実の数字はこれを相当上回るものと推測に難くない。 当初ヨーロッパで ...

皆さん、こんにちわ。 毎度、北斗法蓮です。 去る七日、ゼロ泊三日で弾丸大阪ツアーへ行って参りました。ご無沙汰しておった生駒聖天様及び難波八坂神社への参詣と、祖母の墓参りです。ゼロ泊ですのでホテルでの宿泊はせず、夜行バスで大阪へ向かい翌朝に着いたら当日の夜、 ...

腹が減った 何を食おうか憂う時間を持っている。一生、買えない、乗れない、乗らない、維持できない人もいる。見るものが観れば羨望される、そんなクルマを運転して両手でハンドルを握る 指は五本ずつまとも動く。怪我を負った両足も、もう運転には支障はない。 好物の唐 ...

↑このページのトップヘ