大聖歡喜天宗 夜郎自大院 北斗法蓮

【夜郎自大(やろうじだい)】とは井の中の蛙と似意。かつて神も仏も信じず私利私欲の為、栄耀栄華を酔生夢死に生きた私の半生。稀有なるえにし賜れし大聖歓喜天。この神こそ私に続く罪人、悪人をも救い給い、以って善人を救う唯一の神なり。智慧なき愚人は己が愚人とも気付かぬ故に愚人の願いは果てなく愚願なれど、それすら直ちに成就せしめつつ尊き道へ導かんはこの天尊だけのご誓願なり。俗世を生き抜く大学 聖天綜芸種智院へようこそおいでやす。

以下、理趣経の中で初段。大日如来による十七の清浄句になります。 理趣経は全体で読誦し慣れていても、凡そ22分を要する長いながいお経です。 大変長いので多くの密教寺院では、在家の方用に理趣経百字の偈と云う、簡略版を七偏唱えると理趣経を全文唱えたと同じ功徳と見 ...

あなた方は当たり前だと思っていませんか。 例えば朝、目覚めてベッドから自分の足で起き上がること。どこにも痛みも感じず、誰の介助も必要とせず手足も指先も自由に動かせること。それらは平素、生きていれば当たり前すぎて神仏に感謝どころか、いちいち幸せだとか有難いこ ...

小さい小さい小さい小さいで。 せこいせこいせこいせこいで。 そないケツの穴の小さいこと謂うてたらアカンで。 そない慌てんでも大丈夫やて。 そない急がんでも誰も死にはせんさかい。 もっと 大きく大きく大きく大きく構えんと。 もっと どっしりどっしりどっしりしとか ...

皆さん、こんにちわ。 まいど、おおきに。北斗法蓮です。 本日のお題目、【男たるもの】は過去記事に書かせていただいたことがあるぅ思うて、リンクするのに検索してみても見つかりまへん。タイトルとは別に記事の一節に書いたのかも知れまへん。まぁまぁ、新たな気持ちで読 ...

皆さん、こんにちわ。北斗法蓮です。 本日のお題目は、その題目の通りであります。 経に曰く、、【聖天講莚 第二段】 『一十一面の聖容(しょうよう)を現じ、三十三身の妙體(みょうたい)を示す。』と、申されておるように、仏様、観音様は人間界のあらゆる瞬間、あらゆ ...

【全国の歓喜天尊(聖天様)奉安寺院一覧】 ◆寺院名称の後ろにご本尊。特に歓喜天尊をご本尊としない寺院においても、本堂とは別に歓喜天尊を祀る天堂の有無は、ありなしと記す。【生駒聖天】【待乳山聖天】など、特に聖天寺院としての通称名がある場合も記す。また、寺院 ...

皆さん、こんにちわ。北斗法蓮です。 ここのところ、続けざまに聖天信仰における重要な日々の行事。すなわち、勤行(ごんぎょう=いわゆる、お勤め)の中で、聖天様の絶大なる功徳に関する、和讃(わさん)をご紹介してきました。本日のお題目は【聖天五段講莚】≒聖天講式。一 ...

大聖歓喜天宗 勤行次第 朝行(一座)より 本日ご紹介するお経は、【大聖歓喜天使咒法経】。般若心経や、観音経ほど決してメジャーなお経ではなく寺院における、ほぼ全てが秘仏となる【大聖歓喜天】さまをダイレクトにお唱えする、あまり公にはされていないお経です。この当 ...

大聖歓喜天宗 勤行次第朝行(一座)より 南無 帰命頂禮大悲尊 (なーむ きみょうぉ ちょぉうらい) 大自在大聖大悲大仁慈歓喜雙身天神王 (だいじだい だいしょうだいひー だいじんじ かんぎーそうしんてんしんのう・・・・) ・・・の誓わせ給う言(こと)の葉を 告 ...

大聖歓喜天宗 勤行次第晩行(二座)  大聖歡喜尊天和讃 (だいしょうかんぎそんでんわさん) 一、 帰命敬禮大自在 大聖歓喜雙身天神王 (きみょうちょうらい だいじだい) (だいしょうかんぎ そうしんんてん しんおう) 摂取不捨(せっしゅふしゃ)の本誓(みちかい) ...

↑このページのトップヘ